自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
作業完了
昼前から取り掛かって、終わったのの3時過ぎ。滝のように流れる汗も拭かず、パズルのようなウィングに格闘して、やっと取り付け完了。
出来栄えは、予想どうりで、かなり良い感じ。
取り付けたウィングは、エンジンからの熱が原因と思われる歪みがあってフードとのチリが全く合ってないけど、中古品で安く手に入れた事を思えば上々の出来栄え。
早速印旛沼周辺を試運転してみたところ、たったの8キロ強軽量化しただけなのに、今までのようなリアサスのドタバタ感が減少している。おそらく、リアタイアの後方7・80センチオーバーハングした部分から取り払ったオモリは、数値以上の影響があるのだろう。
空力の低下も気になったので、いつもの高速S字(印旛のオー・ルージュ)を気合入れて抜けてみたけど違いは全く感じられなかった。
ルックスは、今までRSウィング込みの車両マスが、ウィングを取り払った事によって一回り小さな車に見えるようになった。
私は、ビートやトッポ等軽自動車のように小さな車が好きなので、この視覚的な効果には大満足している。これで裾広がりなチンスポイラーを車体内側にすぼまるスタンダードにすれば、車は更に小さく見える。何としてもヤフオクでポンコツパーツを見つけなきゃならないな。
ちなみに、電動ウィングは配線してないので閉じたまま動かない。ゼネレイトのザコさんにハーネスが来ていそうな所を教わったけど、今日は疲れてやる気が起きなかった。それに、高速走っていても跳ね上がらないウィングはスペシャルっぽくて良いかなと。(笑)
外したRSウィングは、プチプチにくるんで屋根裏部屋でしばらくお休み。また気が変わって付けたくなるまで、そこで待ってておくれ。
e0026380_20592433.jpg
すっきりつるりんお尻
e0026380_20595180.jpg
コンパクトになった
# by otokichi2005 | 2005-09-10 21:02 | Comments(0)
比べてみたならば
ヤフオクで手に入れたスタンダードエンジンフードが届いたので、早速開けてみるととても状態が良かったので安心した。しかも気になっていた色も、グランプリホワイトで塗装に出す必要も無い。
まずはあちこち点検していくと、エンジンフードごと交換もできる事が判明。しかし、同じようなフード本体を二つ持っていても無駄なのでウィング部分だけ利用する事にした。
ところが、これが意外と厄介で、フード本体からウィングを外すのがパズルのようでおそろしくめんどくさい。また、よーく見ると、フードにも少しばかり違いがあって、RSフードにはモーターを固定するスタッドボルトが無く、ウィングを固定するナットもロウ付けされてない。
でもこれらの問題は、走行中に自動で跳ね上がる機能を最初から期待していない俺にとっては大した問題ではなかった。
RSウィング、ノーマルウィングが単体で外せたので、それぞれヘルスメーターに乗せて重量を測ってみたら驚いた。
ノーマルウィングモーター付きで、 6キログラム。
RSウィング、            14,5キログラム。
フード本体は単体で、        6キログラムだった。
つまり、ウィングをノーマルにするだけで8,5キログラムの軽量化になる。
実際RSウィングを持ち上げた時は腰を痛めるのではと思うほど重かった。
車のチューンナップは色々あるけど、必要ないものを外すだけでチューンできるというのは安上がり。
これによって、高速域のダウンフォースが低下する部分もあるが、ウィング後方のカルマン渦が減少して、ドラッグが低下するメリットもある。(と、思う)
また今後予定しているチンスポイラーをノーマルに変える事によって、ボディー下面へ積極的に空気を取込み、そのベンチュリー効果から結構なダウンフォースが期待できるかも、なんて考えていたりもする。(全然根拠の無い素人考え)
明日は、まずウィングを固定するナットを買いにホームセンターまで行かなきゃならないな。足はどうするか、ドカで吹っ飛ばして行くか。
e0026380_21205934.jpg
左手前にケーブル付で飛び出している小さい塊がウィング駆動モーター
e0026380_2121276.jpg
純正RSクラブスポーツ用ウィングは、クッソ重たい。ダウンフォースよりも、その重さによるトラクション狙いか?
# by otokichi2005 | 2005-09-09 21:30 | Comments(0)