自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
インテグラ1600GSi とカマン?
 5・6年乗ったレックスも二人の子供の成長に伴い窮屈になってきた 次の車をどうしようかと考えていたら発表間もないインテグラに興味が湧いてきた 搭載されるZCエンジンはホンダが満を持して送り出したDOHCエンジンだ 購入後慣らしを終えてから初めてレッド手前まで回した時は感動したそれでも6千5百か7千回転くらいだから今のレベルでいえば常識の世界だけど昭和61年当時は十分高回転エンジンだった 
 しかしいただけないのはミッション 4ATを買ったけどLレンジが付いておらず発進して2速にシフトアップするとアクセルペダルをいくらべた踏みしてもキックダウンしてくれなかった このおかげで坂道を走行中は大型バスの追越しもままならず安全運転を強要された思い出がある
 まだ気に入らなかった事がある 5Drで車重が1トンちょうど 今時のテンロククラスより百キロ位軽いけどそれはそのまんま車体剛性に表れており どんな時でも車体がワナワナとよじれる感覚がつきまとっていた その分燃費は抜群に良かったけど
 バイクを手放した俺はインテが面白くてバイクに乗りたい欲求は無かった Z650を売った金でラジコンヘリを買ってしまった
 ヘリコのお話
 エンジン動力のラジコンは飛行機を初め一切やった事がなかったのに半完成ヒロボーの30クラスヘリを買った俺は始めて浮上させるまで2・3ヶ月もかかってしまった ヘリをやった事がある人なら分かるけどヘリの命はマストと呼ばれる心棒にあるスワッシュプレート こいつとローターをどういう位置関係でリンクさせるかが分かっていなかった ヘリの姿勢制御は主にローターのピッチ(角度)をスワッシュプレートによって連続的に変えて行うけど サーボモーターによって与えたアクションはすべて90度遅れてトルクが発生するという回転モーメントを知らなかった この初歩的な事を分かっていなかった俺はスキッドが地面を離れたら即横転を繰り返していた 実機だったら何人殺していたことやら 
 話がヘリにそれたついでに変わったヘリの話
 名前は カマンK1200(マックス) 俺も飛んでる姿は6・7年前輸入されてすぐ新木場ヘリポート近くで数回しかないけど2軸交差反転式2ローターでテールローターは無い 乗員は1名しか乗れず資材運搬専用ヘリ(吊上げ能力は3トン近い) 飛んでる姿は奇妙でシャンシャンシャンと恐ろしく静かに飛んでいる まるで竹とんぼのようだった 日本には僅か2・3機しかなく山間部の資材搬送用として地方で活躍しているそうだ
e0026380_2119028.jpg
 
# by otokichi2005 | 2005-08-15 21:20 | Comments(0)
こいつの走行時間
 日航機のエンジンが破損 部品が粉々になって地上に落ちる事故があった このエンジンの飛行時間6万時間 ものすごい時間だ おれのRSは7万キロ走ってる けど今までの平均速度35キロとしたってたったの2千時間 航空機に求められる耐久性は自動車とは桁違いに凄い  昔ポルシェも911エンジンを使って航空機エンジンメーカーとして名乗りを上げた事があったようだけど撤退した おそらくレシプロエンジンでほぼ独占的な市場を持ってるライカミングの牙城を容易に崩せると考えたんだろう ライカミングのエンジンは空冷OHVターンフロー2バルブで水平対向4か6気筒だからOHC燃料噴射エンジン(ターボだったと思う)をもってすればたやすい事と考えたんだろうな ところがどっこい空の世界は何事も桁違い ローテクOHVだって世界で使っているエンジンの延べ使用時間は天文学的数値に違いない 結局その信頼性の世界に食い込めなかったんだな 
 しかし その信頼性を上げる努力はこの空冷911に生かされているはずだ 俺のエンジンはあちこちとオイルのにじみが気になり始めたけど運転時間たったの2千時間 壊れるわけないよな 仮に壊れても航空機と違って墜落する心配はない したがってオイル交換以外のメンテナンスはしない  
 結論は自分の不精とケチを正当化してるだけ(ヘリクツ) 終わり   
# by otokichi2005 | 2005-08-14 16:28 | Comments(0)