自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2018年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
総括
二泊三日の伊予土佐弾丸ツーリングの総括です。
走行距離は2,072kmに、消費したガソリンは122Lで16.9km/Lと四輪車並みの低燃費は、もとから大した数値でないところを行き帰りの高速で一番早い流れについてぶっ飛ばしたためでしょうがないことです。
宿は二泊ともビジネスホテルの素泊まりで、食事は近所のコンビニで弁当と缶チューハイを買い込むというボンビーツーリングであります。
ツーリングルートは予め決めてあり、NAVITIMEバイク版をスマホに仕込んでいたので迷うことなく走りきることができました。
四国ツーリングは、遡ること過去3回走っており、足摺室戸など海っぺりはだいたい走ってるかなと記憶しています。
そんな中での今回のツーリングは、正に衝動です。
20年以上前に走った道がすっかり姿を変えてテレビCMでも使われていた。
これはもう行かずにいられないとなった次第です。
更に、この道もですが以前から走りたいと思い続けていたのがしまなみ海道と明石海峡大橋。
目的は達成できました。
これで四国ツーリングは終わるか?
そのつもりでいたのですが、心残りがあります。
それは徳島の山の中、具体的には国道438・439の剣山周辺と国道193・195を走り回りたい。
スーパー林道の全線走破は達成しているのですが、今後舗装林道に姿を変えたらもう一度走ってみたいかな。
帰りの徳島道は、吉野川南側の山麓を徳島まで続くのですが、河川敷の平野をフカンしてその先にそびえる剣山系の山々を見ていると、あの山の中に入りたいと思いを募らせてしまったのです。
e0026380_20185408.jpeg



by otokichi2005 | 2018-10-23 18:54 | GL1800 | Comments(0)
大願成就
昨日のしまなみ海道に続き、今日は町道「瓶ヶ森線」から四国カルスト、そして横浪黒潮ラインで桂浜、更に高速を途中で降りて大歩危小歩危、締めくくりは、くぐったことはあるけど明石海峡大橋を渡るというルートです。
e0026380_20285374.jpeg
寒風山トンネルは高知側へ抜けてから旧道を戻った方が楽なんだそうです。
e0026380_20295112.jpeg
町道瓶ヶ森線は、トヨタのCMで使われたことにより土日祝日はとんでもない渋滞となっているそうです。
e0026380_20302333.jpeg
e0026380_20304708.jpeg
雲海が湖のようです。
e0026380_20312686.jpeg
e0026380_20320028.jpeg
これが瓶ヶ森(山)
e0026380_20324686.jpeg
石鎚山
e0026380_20331526.jpeg
石鎚神社
e0026380_20340148.jpeg
面河渓の透明度が凄い。
e0026380_20342552.jpeg
カルスト入口峠
e0026380_20345599.jpeg
e0026380_20352468.jpeg
カルストに放牧された黒毛和牛は食われるんだろうな。
e0026380_20355865.jpeg
横浪黒潮ラインのダイナミックな海岸線。
e0026380_20424058.jpeg
e0026380_20363765.jpeg
e0026380_20370882.jpeg
e0026380_20382733.jpeg
e0026380_20384854.jpeg
大歩危小歩危マダラボケ。
吉野川の深い渓谷に挟まれて快走。
e0026380_20391471.jpeg
e0026380_20395675.jpeg
食は拘らず。
e0026380_20401144.jpeg
一回りしたトリップなので、昨日と今日で1,442キロ!
e0026380_20403405.png

by otokichi2005 | 2018-10-22 20:17 | GL1800 | Comments(0)
しまなみ海道
今回の弾丸ツーリングにはいくつかの目的があってのことです。
その一つが「しまなみ海道」を走る事。
最高でした。
こんな素晴らしい道があったなんて、もっと早く走っておくべきでした。
e0026380_19093416.jpeg
e0026380_19100254.jpeg
e0026380_19103062.jpeg
e0026380_19111029.jpeg
e0026380_19113293.jpeg
e0026380_19121216.jpeg
e0026380_19122576.jpeg
e0026380_19123877.jpeg
e0026380_19125361.jpeg

by otokichi2005 | 2018-10-21 17:58 | GL1800 | Comments(0)
準備完了(風になりたい)
私のツーリングはいつも衝動に任せて。
テレビで車のCM見ていたら、尾根伝いに走る絶景が気になり検索したんです。
そしたら見覚えのある地名や道路名が出てきました。
走ったことがあるみたい。
古いアルバムを確かめてみると、ありました「その道」が。
だけど当時は舗装されていない林道です。
22年の歳月が舗装された観光道路に変身していたんですね。
と、分かった途端にまた走りに行きたくなってしまい準備を進めています。
けれども1日でたどり着く自信は無いので、宿も予約せずダメだと感じたところで諦めて帰ろうという軽い気持ちでいます。
e0026380_16385326.jpg
ここからは、22年前39歳の私であります。
e0026380_16385433.jpg
今は町道「ビンガモリ?」www.
e0026380_16385592.jpg
今では新道の寒風山トンネルが完成しているようです。
e0026380_16385627.jpg
ちょうどこの辺りがカローラスポーツのCMで映し出されてるのかな。
e0026380_18422853.jpeg
e0026380_16395082.jpg
アフリカツインにミシュランT63を装着し、この後剣山スーパー林道も走破して帰ったのです。
今じゃ有り得ない元気でした。
e0026380_16395114.jpg
石鎚山
e0026380_16395286.jpg
e0026380_16395219.jpg
行けたら四国カルストも走りたい。

by otokichi2005 | 2018-10-19 16:25 | GL1800 | Comments(0)
充電だけのつもりが
日記を辿ると9月5日に乗ったきりで、ガレージの片隅に置かれていることが分かったので、バッテリーの充電目的で高速をひとっ走りしてみました。
ETCは使う機会も無かろうと、V7に移植してしまったのでカードを引っこ抜く手間が掛かります。
とりあえず市原SAで休憩し次のICで往復するつもりでいました。
しかし、久し振りに回したマーニのエンジンが面白いんです。
4千回転前後で走ると、V7と同じスイートスポットを感じられ、更にV7と違ってパワーが付いてきますから無駄にスロットルを捻りたくなります。
結局はいつもの南房総ローカル県道をローリングして帰る事になり、ワインディングの面白さを再認識させられてしまいました。
今日明日にでも換金しようと考えていたのですが、まだ少しだけ手元に置いて遊んであげる事にしました。
e0026380_17002846.jpg
市原SAではオートバイが数台、歳の頃は私と同じくらいの定年オヤジがいました。
e0026380_17002941.jpg
千倉で昼休みをとった後は、安房グリーンラインを暴走。
e0026380_17003071.jpg
鯨カツカレーなるものを食べてみましたが、結構なお味でありました。
e0026380_17003080.jpg
丁度キリ番を超えました。
3年前手に入れてから、車検を切らしている期間を差し引くと2年半でたったの6千4百キロと距離が伸びません。
その理由はただ一つ、強烈なクラウチングスタイルで、特に後付けらしいバックステップがよろしくありません。
さて、来週は休暇が取れたらのタラレバですが、ドカポル史上最長となる自走ツーリングにチャレンジしてみようかと妄想しています。
冬を越して年が明ける毎に情熱が減衰していく事を実感しています。
「終わり」が近づいてちょっと焦っています。

by otokichi2005 | 2018-10-16 16:40 | マーニ | Comments(2)
房総内陸部迷走
V7で房総半島のパトロール。
南まで下ると帰りが疲れるので、市原、袖ヶ浦の山間部を迷走してきました。
一応目的地は大福山という場所を設定し舗装林道を経由して目指したのですが、ツーリングマップルは役に立たず、スマホのグーグルマップも見づらくて役立たず。
散々迷ってどうにか到着できたのですが、期待したほどでもなく一気に疲れが出てしまい真っしぐらに帰宅しました。
そしてここで問題発生!
シートがバキバキ音を立ててる。
自宅に帰り着いて覗き込むと、樹脂製のシートベースが真っ二つに割れてる。
さてとどうやって修理しましょうか。
これでしばらくV7の出番はなくなり乗らずにすみます。w
e0026380_18354789.jpg
舗装林道の案内板は無い。
e0026380_18354813.jpg
素掘りのトンネル
e0026380_18354915.jpg
小湊鉄道「月崎駅」
e0026380_18355057.jpg
九十九谷から里山を眺める


by otokichi2005 | 2018-10-10 18:18 | モトグッチ V7 | Comments(2)
オーバーテイクスイッチ?
伊豆高原での一泊二日ワンコ達とお泊まりから無事帰宅。
帰り道は信号停止がかったるいので、大枚980円払って伊豆スカイライン、150円と720円払ってターンパイクでワープ。
お天気に恵まれたので、沼津の海岸線や大島そしてはるか前方には富士山を眺めながらのオープンエアクルージン。
十国峠のいつもの場所で記念撮影しようと思ったら、W1のオフ会で貸切クローズ。
それにしてもすごい数のW1!!!関東近県のW1が全部集まっちゃった?
昨日はトヨタ2000GTがつるんで4台!
土日の晴れた伊豆箱根は珍しい車オートバイを見れて目の保養になります。
山を下りたら昨日の逆ルートで我が家を目指し、最後の集約料金所では久し振りにフル加速を試みベタ踏み。
床まで踏むと最後にカチッとしたクリック感がありブーストが更に高まり加速感が増します。
普通に強く踏んでもビックリする加速はしないのですが、このオーバーテークスイッチ?を踏むとスーパーチャージャーが伊達ではない事を体感できます。
ただこの加速感は、先日男鹿半島を走り回ったノートeパワーレンタルのフル加速とあまり変わらないかも???
因みに400キロ走った燃費は13.5km/Lで褒められたものではないけれど、普段街乗り燃費の倍近くなので往復のペースを考慮すれば納得。
e0026380_18053417.jpg

e0026380_18053453.jpg

e0026380_18053603.jpg

e0026380_18053621.jpg
早めに帰宅して買い物は、触発されてオートバイで。
秋雨も収束したようなので、これからはオートバイ三昧シーズン始まりです。
e0026380_18100963.jpg

e0026380_18101073.jpg


by otokichi2005 | 2018-10-07 17:17 | ミニ | Comments(0)
定例行事
ワンコ達の誕生日に合わせて来ています。
東京湾岸から相模湾岸はどれだけ走ったことやら。
前回はウェイクで来ましたが、今回はミニのコンバチで。
何の取り柄もない車ですが、屋根が開くだけで十分です。

e0026380_20404827.jpg

e0026380_20404983.jpg

e0026380_20405097.jpg

by otokichi2005 | 2018-10-06 20:26 | その他 | Comments(0)
機能維持走行
天気はイマイチ昼過ぎまで雑用に追われて触る事もできません。
雨が降っているでもなく乗れないのは精神衛生上よろしくありません。
そこで近所を一回りしてきましたが、せっかくなので一月半程乗らず盆栽になっていたTXを引っ張り出し30キロ程乗り回してきました。
V7のトロトロと回るエンジンにすっかり身体が慣れていたので、比較にならないほどレスポンスが良いバーチカルツインは正直言って疲れました。
生まれた年はほとんど同じ70年代半ばで排気量はポッキリ50cc違い。
このレスポンスの違いは、エンジンがバーチカルツインかVツインかというよりキャブとフライホイールマスの違いにありそうです。
トラックのエンジンかスポーツカーのエンジンか、それほどの違いがあるのですが、トラックのエンジンの方が疲れません。
ただし、スロットルの重さに関してはTXに装着されたSU負圧キャブに軍配が上がり、右手だけは圧倒的にTXが楽できます。
何れにしてもここまで違いがある事がTXを手放せない理由の一つです。
車体重量はTXが20キロくらい軽いようなので、チャンスを見てガレてない林道ツーリングでもしてみようかなと妄想しています。
e0026380_19515751.jpg
e0026380_19515828.jpg
TXをガレージにしまったら、ビートで超高回転低出力を堪能しながらスーパーまで買い物。
ポルシェじゃ有り得ない9千回転オーバーのトリプルサウンドに痺れて一日を締めます。
e0026380_19595513.jpg
他にやる事無いのか?・・・無い!

by otokichi2005 | 2018-10-03 18:58 | TX650 | Comments(0)
2019カレンダー
トイレに掛ける来年カレンダー完成。
e0026380_20285953.jpg

e0026380_20290066.jpg

e0026380_20290197.jpg

e0026380_20290370.jpg

e0026380_20290477.jpg
e0026380_20292368.jpg

e0026380_20292444.jpg

e0026380_20292511.jpg

e0026380_20292623.jpg

e0026380_20292620.jpg
e0026380_20294456.jpg

e0026380_20294544.jpg

e0026380_20294741.jpg


by otokichi2005 | 2018-10-02 20:25 | Comments(0)