自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
真冬のオープンエアクルージン
この時期に夏タイヤでターンパイクを駆け上がり大観山へ行けるとは。
気温は山頂で10度を超え路肩の雪が溶けて路面を濡らしてる。
ターンパイクはもちろん、十国峠に至るまでバイカーがワンサカ走ってた。
春は間もなく、完全に凍結の不安がなくなったら伊豆箱根を走り回ってこよう。
e0026380_23032088.jpg
大観山駐車場は除雪された雪が山のように積まれている。
e0026380_23032253.jpg
十国峠から眺める富士山。
e0026380_23032448.jpg
ワンコ連れに至れり尽くせり、お酒飲み放題が嬉しい。
e0026380_23032724.jpg
おめかししてディナー?

by otokichi2005 | 2018-02-12 22:58 | ミニ | Comments(0)
倦怠期?
e0026380_20310676.jpeg
ヤマハに発情して、そればかり乗って気分が高揚していたところ、先月末に同居する高齢の義父が亡くなり喪に服していました。
苗場のユーミンライブで大騒ぎしてきたのに、この冬の寒さが身にしみて気持ちはすっかり萎んでしまいました。
義父は95歳で生涯を終える大往生でありました。
果たして自分はあとどれだけ生きていられるのだろうか、後何年オートバイに乗れるのだろうか、80・90まで生きていられるのか。
そんな事を考えていたら、何故かガレージの車やオートバイがただの鉄の塊にしか見えなくなってきたのです。
それでも機能を維持する目的で全部乗ってみました。
乗ってはみたものの寒い。
春が待ち遠しい。

by otokichi2005 | 2018-02-09 19:44 | TX650 | Comments(0)
ユーミン苗場ライブ

今年で38回目というから驚きます。

私達夫婦はそのうち僅か7回しかきていないのですが、毎回テーマが違うので期待は膨らみます。

今回のテーマはカーニバルで、ダンサーはサンバを踊ります。

嬉しい事に私達シートの直近には、ダンサーが踊る小さなステージが有り手を伸ばせば届くほど。

そしてユーミンの歌に合わせて踊るダンサーのオネーちゃんは、ほとんど半裸のサンバスタイルでオッパイやオシリを激しく揺するから目が釘づけ。

ユーミンそっちのけでアホ面下げて見ていたらヨメさんにパーンチ!!

でも周りのオヤジ連中皆オネーちゃんばかりみていたぞ。

毎回この演出がいいな。www.

昨日は大雪を予想して苗場までのR17をカーブの少ない湯沢から向かったのに、路面の積雪は全く無い。

どうやら大雪は日本海沿岸だけなようで、山岳部は快晴でした。

今回足に使ったウェイクは、燃費をあまり気にせず100キロキープを心掛けて走らせてみたところ、往復500キロ超えの平均燃費は約17キロ/L。

あまり燃費が伸びないのは履いているスタッドレスタイヤも要因で、リッター当たり1キロは悪化させているみたい。

それにしても、高速代は普通車より2割安いし軽自動車最高。

e0026380_20332962.jpeg
e0026380_20061544.jpg
数ある軽自動車の中で、最大の空気抵抗と自重を誇る「走るヌリカベ」!!!

by otokichi2005 | 2018-02-07 19:46 | ウェイク・ターボG | Comments(0)
走行車線の星w
今年で連続7年目の苗場コンサート。
歌うオバサンが還暦超えているから、聴きに来る客も還暦超え。
60・70喜んで〜。
例年カレラで来ているところ、豪雪が予想されたので新品スタッドレスを履いたウェイクに急遽変更し、ルートも遠回りを承知で湯沢から戻り三国峠越えを回避。
関越道はひたすら走行車線を走り続けるものの、90〜100キロの速度を楽に維持できるので十分満足。
登坂車線で耳を澄ませばヒューンというタービン音が聞こえ、正にジェットライクアクセレーション。
開演が待ち遠しい。
今夜はフィーバー!!!
e0026380_18375926.jpg
谷川岳
e0026380_18380034.jpg
雪国への入口
e0026380_18380130.jpg
雪が無い
e0026380_18380256.jpg
R17は除雪が徹底している
e0026380_18380336.jpg
例年なら白い駐車場がアスファルトむき出し

by otokichi2005 | 2018-02-06 18:21 | ウェイク・ターボG | Comments(0)