自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ:ウェイク・ターボG( 5 )
体験お泊り

夕暮れ、富士山シルエットがいい感じ。

e0026380_07221356.jpg

e0026380_07221644.jpg

e0026380_07222183.jpg

e0026380_07222656.jpg


by otokichi2005 | 2018-09-03 07:20 | ウェイク・ターボG | Comments(0)
ユーミン苗場ライブ

今年で38回目というから驚きます。

私達夫婦はそのうち僅か7回しかきていないのですが、毎回テーマが違うので期待は膨らみます。

今回のテーマはカーニバルで、ダンサーはサンバを踊ります。

嬉しい事に私達シートの直近には、ダンサーが踊る小さなステージが有り手を伸ばせば届くほど。

そしてユーミンの歌に合わせて踊るダンサーのオネーちゃんは、ほとんど半裸のサンバスタイルでオッパイやオシリを激しく揺するから目が釘づけ。

ユーミンそっちのけでアホ面下げて見ていたらヨメさんにパーンチ!!

でも周りのオヤジ連中皆オネーちゃんばかりみていたぞ。

毎回この演出がいいな。www.

昨日は大雪を予想して苗場までのR17をカーブの少ない湯沢から向かったのに、路面の積雪は全く無い。

どうやら大雪は日本海沿岸だけなようで、山岳部は快晴でした。

今回足に使ったウェイクは、燃費をあまり気にせず100キロキープを心掛けて走らせてみたところ、往復500キロ超えの平均燃費は約17キロ/L。

あまり燃費が伸びないのは履いているスタッドレスタイヤも要因で、リッター当たり1キロは悪化させているみたい。

それにしても、高速代は普通車より2割安いし軽自動車最高。

e0026380_20332962.jpeg
e0026380_20061544.jpg
数ある軽自動車の中で、最大の空気抵抗と自重を誇る「走るヌリカベ」!!!

by otokichi2005 | 2018-02-07 19:46 | ウェイク・ターボG | Comments(0)
走行車線の星w
今年で連続7年目の苗場コンサート。
歌うオバサンが還暦超えているから、聴きに来る客も還暦超え。
60・70喜んで〜。
例年カレラで来ているところ、豪雪が予想されたので新品スタッドレスを履いたウェイクに急遽変更し、ルートも遠回りを承知で湯沢から戻り三国峠越えを回避。
関越道はひたすら走行車線を走り続けるものの、90〜100キロの速度を楽に維持できるので十分満足。
登坂車線で耳を澄ませばヒューンというタービン音が聞こえ、正にジェットライクアクセレーション。
開演が待ち遠しい。
今夜はフィーバー!!!
e0026380_18375926.jpg
谷川岳
e0026380_18380034.jpg
雪国への入口
e0026380_18380130.jpg
雪が無い
e0026380_18380256.jpg
R17は除雪が徹底している
e0026380_18380336.jpg
例年なら白い駐車場がアスファルトむき出し

by otokichi2005 | 2018-02-06 18:21 | ウェイク・ターボG | Comments(0)
ワンコとお泊り
今年二度目のワンコとお泊り。
場所は、いつもオートバイで暴走する南房総千倉。
がら空き館山道を100キロキープで走ると、軽自動車最大?の前面投影面積を誇るウェイクは燃費があまりよろしくない。
けれどもターボが効いているから速度の維持にかったるさは無し。
あと10キロ速度を落とせば大きく燃費が向上するけれど、高速道路の障害物にはなりたくないから涙を飲んでオーバー・ザ・トン?
今年最後の旅行で垢落とし。
e0026380_16253100.jpg

e0026380_16253439.jpg

e0026380_16253759.jpg


by otokichi2005 | 2017-12-29 15:55 | ウェイク・ターボG | Comments(0)
SPEED YELLOW
それは想像した以上のクルマでした。
絶壁で囲まれたボディーシェルは、Cd値それがどーしたスタイル。
軽自動車の枠をフルに使いきったスペースは、それはもう驚くほどの広さ。
軽自動車歴を辿ると、550ccのスバルレックスボンバン、660ccのスズキエブリー、三菱トッポ、そしてミラジーノと乗り継いできました。
どれも便利でありがたいクルマたちでしたが、それは単にお金が無いから維持費が安いからという理由だけで使ってきたのです。
しかーし、こいつは違う‼︎
低回転から効くターボのトルクと圧倒的なキャビンの容積。
絶対的なパワーとコーナリング能力ではカレラやミニの敵わないものの、少なくとも日本の法規に従うならば全く遜色のないドライビングフィール。
高速本線料金所からの加速に痺れた。
隣のレーンを一緒に通過したステップワゴンと変わらぬ加速で100キロまで加速。
エンジンの回転は4千回転くらいで変わらず、CVTの無段階に変速していくだけで加速していく感覚はジェット機の加速に似てる。
けど、大きく違うのが燃費。
高速は基本走行車線で100キロキープし、遅いトラックをパスするため追越し車線走るレベルでリッター17・8キロを確保。
あと少しペースを落とせば、リッター18・9は確実って感じ。
今時の軽自動車は、とにかく凄いの一言で済まされる。
だけど・・・これ一台じゃ我慢できないな。
車重1.4トン、3.6リッターNAのワイルドな加速をモーレツに体感したくなるのは、やっぱり病気なんだな。
ヨメはステップバンイメージで可愛くしたいようだけど、俺は違う。
黄色いスポーツカーイメージにしたい。
e0026380_20541144.jpg


by otokichi2005 | 2017-05-06 19:30 | ウェイク・ターボG | Comments(2)