自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:ミニ( 11 )
7速DCT

アガリのクルマとして我が家に来たMINIコンバチブル。

中古車ではありますが現行モデルです。

一般的な型式名はF57と呼ばれるモデルの後期型です。

前期モデルから後期モデルへマイナーチェンジはビックマイナー?というもので、見た目はほとんど変わらないものの大きな違いがあります。

その違いがタイトルで書いた通りの7速DCTで、トルコン6ATミッションからの変更です。

世界の流れはDCTからトルコンATへの回帰なのに何故?

DCTはVWゴルフ(DSG)やホンダフィットがリコールの嵐を巻き起こしすっかり悪名を広めてしまったものです。

今回の購入決断に至るまでDCTの信頼性に不安があったのですが、VWやホンダはシェフラー製で、MINI(BMW)はゲトラグ製である事。

更には今のところはゲトラグ製DCTを使い続けてきたBMWに深刻なクレームは起きていないようなので決断しました。

ここでファーストインプレッション。

自宅から100キロ近く離れたショップでクルマを受け取り、中央道・首都高・東関東道と走って帰ってきました。

先ず書かなければならないのが超満足のいく燃費です。

当然に不慣れなクルマですから順法走行に徹したところ驚きの結果を得ることができました。

ことさらエコランしたわけではないのですが、リッターで19.9km/L!を記録したのです。

この記録ですが、軽自動車のウェイクを同じペースで走らせると間違いなくかなわないのです。

市街地の燃費についてもしかりで、さすがにハイブリッドにはかなわないものの12〜15km/LとR52ミニと比較して50%以上向上しています。

エンジンは2Lターボで燃費重視とはいえエンジンだけでは達成できないのです。

この結果の一番の功労者はミッションです。

R52のおバカなトルコンATはなかなかシフトアップしてくれずにガソリンを無駄に捨てていたのですが、このF57DCTはお利口さんで、1,500回転も上がればシフトアップし、基本的には走れる限界まで回転を下げ続け1,000回転くらいを維持します。

DCTでよく言われている発進時の半クラッチ感もよほど気にしなければ気づかないというレベルで問題はありません。

普通に走っているとシフトアップダウンは気付かないレベルですが、タコメーターの針を見ているとクロノメーターの針のごとき素早い動きに瞬時のチェンジを知るのです。

今のところはゲトラグDCTに深刻なトラブル報告はないようですが、今後距離を増していくとき何が起きても慌てず後悔しないように敢えての中古車にしました。

さてとBMWミニの行く末ですが前途多難、というかお先真っ暗なようです。

車の認知度はそこそこあるようですが、ワールドワイドで見ると売れないクルマ!なようでBMWは積極的に開発や製造をしたくないようです。

BMW X1とシャシーを共有しているらしいクラブマンやクロスオーバーなどは中国の長城汽車に開発生産を移行していくようですが、本家オックスフォードの工場で作られているクーパーは開発の声は聞こえません。

EUからの離脱で製造業衰退が懸念されるイギリスからミニの工場も無くなってしまうのでしょうか。

e0026380_20100308.jpg
シフトは機械的ではなく電気的なスイッチで、いわゆるシフトバイワイヤー!
e0026380_20100485.jpg
e0026380_20100572.jpg
e0026380_20100646.jpg


by otokichi2005 | 2019-03-19 20:07 | ミニ | Comments(2)
極悪燃費

わずか4年半程でお別れです。

世話になっている車屋さんに預けてきました。

決め手は、街中で極悪燃費を生みだすスーパーチャージャーと、いつまでも回転を引っ張ってシフトアップしないバカなオートマチックトランスミッションにあります。

勿論、どんなにエコなクルマだろうが買い替えによる出費をペイできるはずがないことは分かってはいるのですが精神衛生上よろしくないのです。

だから、あがりクルマ一丁!!!

e0026380_17481262.jpg
久留里線最初の駅
e0026380_17481266.jpg
由緒ある駅名
e0026380_17481390.jpg
あばよ
e0026380_17481475.jpg
どでかっちゃん

by otokichi2005 | 2019-03-06 17:42 | ミニ | Comments(0)
知らなかった

ヨーロッパの小型車には大抵カブリオレの設定があるけれど、ミニのカブリオレだけがスペシャルな機能を持っているようです。

今日まで知らなかったのですが、ミニだけがスライディングルーフ機能があるようなのです。

当たり前のように使っていたので全てのカブリオレがある機能だと思っていたのですが、動画で確認すると確かに他メーカーのカブリオレは、開くか閉じるかの二択でスライディングルーフ機能は無いのです。

おベンツ様のCクラスやゴルフなどのカブリオレに乗り換えたいななんて妄想を膨らませていたのですが却下。!

ミニのカブリオレが一番。

最新7速DCT 1.5L 3気筒ターボのモデルが欲しい。

で、カタログ眺めていたらヨメに気付かれた。

買わないよね、いらないよね、分かってるよね!!!

ハイ、分かっております。

一度知ったらやめられないのが「屋根無し」!!!

e0026380_20580287.jpeg
e0026380_20581943.jpeg
e0026380_20584557.jpeg

by otokichi2005 | 2019-02-18 20:53 | ミニ | Comments(0)
オーバーテイクスイッチ?
伊豆高原での一泊二日ワンコ達とお泊まりから無事帰宅。
帰り道は信号停止がかったるいので、大枚980円払って伊豆スカイライン、150円と720円払ってターンパイクでワープ。
お天気に恵まれたので、沼津の海岸線や大島そしてはるか前方には富士山を眺めながらのオープンエアクルージン。
十国峠のいつもの場所で記念撮影しようと思ったら、W1のオフ会で貸切クローズ。
それにしてもすごい数のW1!!!関東近県のW1が全部集まっちゃった?
昨日はトヨタ2000GTがつるんで4台!
土日の晴れた伊豆箱根は珍しい車オートバイを見れて目の保養になります。
山を下りたら昨日の逆ルートで我が家を目指し、最後の集約料金所では久し振りにフル加速を試みベタ踏み。
床まで踏むと最後にカチッとしたクリック感がありブーストが更に高まり加速感が増します。
普通に強く踏んでもビックリする加速はしないのですが、このオーバーテークスイッチ?を踏むとスーパーチャージャーが伊達ではない事を体感できます。
ただこの加速感は、先日男鹿半島を走り回ったノートeパワーレンタルのフル加速とあまり変わらないかも???
因みに400キロ走った燃費は13.5km/Lで褒められたものではないけれど、普段街乗り燃費の倍近くなので往復のペースを考慮すれば納得。
e0026380_18053417.jpg

e0026380_18053453.jpg

e0026380_18053603.jpg

e0026380_18053621.jpg
早めに帰宅して買い物は、触発されてオートバイで。
秋雨も収束したようなので、これからはオートバイ三昧シーズン始まりです。
e0026380_18100963.jpg

e0026380_18101073.jpg


by otokichi2005 | 2018-10-07 17:17 | ミニ | Comments(0)
断捨離?
いつもはミニカブリオレの車庫に懐かしい車が停まっています。
4年前に息子が通勤車として使っていたビートが彼の同級生に渡ったのですが、何故か舞い戻ってきました。
同級生の元に行った時でも相当ポンコツになっていたのが、4年の歳月を経て更にポンコツ度合いを増しています。
特にひどいのがリアスクリーンで、ビニールのスクリーンはズタボロでポッカリと大きな口を開けています。
エンジンは絶好調で最近は更にスピードが出るようになったとか、本当かよ。
定年退職して年金+アルバイト生活者となり、普通車は贅沢品!で家計を圧迫するもの以外の何者でもないのです。
はたして彼はミニを買ってくれるのか?
お願いだ、買ってくれ〜。
なんだったらマリタイムブルーでもいいよ。
e0026380_19472720.jpg
ハーフカバーをかけないとキャビンは水浸しだ。

by otokichi2005 | 2018-06-11 19:26 | ミニ | Comments(0)
真冬のオープンエアクルージン
この時期に夏タイヤでターンパイクを駆け上がり大観山へ行けるとは。
気温は山頂で10度を超え路肩の雪が溶けて路面を濡らしてる。
ターンパイクはもちろん、十国峠に至るまでバイカーがワンサカ走ってた。
春は間もなく、完全に凍結の不安がなくなったら伊豆箱根を走り回ってこよう。
e0026380_23032088.jpg
大観山駐車場は除雪された雪が山のように積まれている。
e0026380_23032253.jpg
十国峠から眺める富士山。
e0026380_23032448.jpg
ワンコ連れに至れり尽くせり、お酒飲み放題が嬉しい。
e0026380_23032724.jpg
おめかししてディナー?

by otokichi2005 | 2018-02-12 22:58 | ミニ | Comments(0)
愛犬お宿伊豆高原
ヨメさんにワンコ2匹連れて伊豆の温泉宿で一泊ドライブ。
ヨメさんはワンコとお泊りできてハイテンション。
私は酒類飲み放題でヘベレケ。
愛犬家のニーズに応えるいいお宿でした。
帰り道は伊豆スカで箱根峠まで走ったのですが、かつては血沸き肉踊るワインディングも歳をとったのか、ただ疲れるだけの道となっていました。
救われたのは、富士山がだんだんと近づいてくるのを感じられるところで、ロケーションは払う通行料金だけのことはあります。

e0026380_19164156.jpeg
e0026380_19084208.jpg
城ヶ崎海岸の吊橋
e0026380_19084321.jpg
十国峠からの富士山
e0026380_19084339.jpg
総走行距離400キロの燃費は、伊豆スカの山道を走ったせいで低下。
同じ道同じペースで、カレラなら12キロくらい、ウェイクなら空気抵抗が災いして18キロ行くか行かないかってところでしょう。。
過給機付きでも、コンスタントスロットルを維持すればソコソコ燃費を記録できるのです。
e0026380_19084472.jpg


by otokichi2005 | 2017-10-02 18:56 | ミニ | Comments(0)
区間燃費過去最高
自宅から高速で小田原🅿️まで130km。
高速道路で追越車線を走らなければ好燃費。
1.6Lスーパーチャージャーにしては上出来。
e0026380_16311493.jpeg

by otokichi2005 | 2017-10-01 16:26 | ミニ | Comments(0)
カブリオレ
ドイツ語だかフランス語だか、いわゆるオープンカー。
夏はクソ暑くて屋根を開けることもなくエアコンをギンギンに効かせるところ、今日は低気圧のおかげで過ごしやすい気温。
義父の介護でやむを得ず購入したウェイクの代わり我家から去っていくはずが、屋根が開くという何物にも代え難い機能故、ガレージに収まり続けてるミニ。
ゴツいロールバーがルームミラーに映り込んで目障りなれど、それさえ見なければ視界に入らず開放感は満点。
できればポルとミニ束で売払って、あらたに欲しいカブリオレがあるんだけど、多分それでも無理かもなので現状で我慢するのです。
屋根なし最高❣️
e0026380_20550644.jpg
e0026380_20551722.jpg
前後タイヤのオーバーハングは殆どゼロ!
リアルチョロQ


by otokichi2005 | 2017-08-10 18:58 | ミニ | Comments(0)
オープンカーでワインディング

by otokichi2005 | 2017-07-03 19:28 | ミニ | Comments(0)