自分大好き60歳
by otokichi2005
カテゴリ:TX650( 142 )
Born to be Wild
ちょっとおやすみ
e0026380_21294103.jpg

https://youtu.be/egMWlD3fLJ8

by otokichi2005 | 2018-04-26 21:03 | TX650 | Comments(0)
原因ほぼ解明
TXのマスターシリンダーを交換して問題解決と思ったら、エアを噛んではないのにタッチが変で、グニャっとした柔らかいものを掴んでいる感じなのです。
交換前のフィーリングは明らかに硬いものを掴んでいるという感触で、この感触で6年間乗ってきたので違和感を感じるのです。
ここで考えられるのが、取り換えたマスターシリンダーサイズの1/2インチが合っていない事です。
捨ててしまうつもりでガレージに転がしていた純正マスターシリンダーを分解確認すると、なーんと5/8だったんです。
どこかのサイトで、TX650ダブルディスクが5/8でXS650Eが1/2というのを見て換装したのですが、44年前のオートバイですから本当はどうなんでしょう。
ただ夕方路面が乾燥したのをみはからって印旛沼周辺をぶっ飛ばしてみたところ、グニャとした握り心地とは裏腹に今まで以上に超強力な減速感を感じるのです。
これは間違っているかもですが、パスカルの原理を当てはめると、同じ握力でブレーキレバー握れば、1/2は5/8より面積比で5割以上の効力を発揮するようで、その分ゴムのブレーキホースを膨らませてグニャっとした感触になるようです。
更にこのフィーリングを増長しているのが、内側ピストンの動きで、握った後に戻り過ぎてパッドとローターに隙間が空いちゃうんです。
これはマーニの時と同じく揉み出しをやってみて、それでもダメならシールを交換するOHに着手しなければなりません。
いずれにしても、絶対的な効きを取るかタッチを取るか悩みどころです。
e0026380_19440689.jpeg
e0026380_19443586.jpeg
e0026380_19444618.jpeg

by otokichi2005 | 2018-04-25 18:33 | TX650 | Comments(2)
バッテリーが終わってる
ポルシェは無い、GLは先月から乗りすぎ、セローで近所の徘徊も気が乗らず。
そこでひと月近く放置されていたTX650の出番となりました。
始動はセルを使わずにキックで。
勿論キックの前にスクワットを10回くらいして筋肉を刺激しておきます。
数回蹴飛ばしてエンジン始動。
キャブのセッティングは、厳冬期のままなのでアイドリングはイマイチなフィーリングです。
いつまでも暖気をしていると近所迷惑なバーチカルサウンドなので、ガレージから引っ張り出したら早々に出発します。
向かうのは、往復30キロ程いつもの利根川堤防。
途中、甚兵衞沿いスーパーローカル国道?でプチワインディングを楽しみます。
ダンロップTT100GPからK87に換装したリアタイヤは、切れがなくなった分バンク中の安定感が増す決して悪くないフィーリングです。
気になったのが、交差点信号待ち中に前車のテールに映るヘッドライトの明るさで、ブリッピングする度に明るさを増すのです。
つまり、これはバッテリーの終わりを告げているのです。
5〜6年は使った台湾ユアサバッテリー、安く済んだ分そろそろ交換しなければなりません。
e0026380_20174088.jpg


by otokichi2005 | 2018-04-12 19:55 | TX650 | Comments(0)
春が来た
今日は朝方ちょっと寒かったけど、元気にブチブチ唸らせてきました。
後輪のニュータイヤk87のハンドリングチェックも兼ねてオートバイ親父が集まる辰巳🅿️までひとっ走り。
行きの高速で感じたのが、磨り減ったタイヤからニュータイヤに替えたことで外径が大きくなったんでしょう、100キロ走行時のエンジン回転数が3百回転くらい低くなって快適度が上がったことです。
前後交換までの中継ぎタイヤなのですが、やはり新品は気持ちいいのです。
e0026380_19194299.jpg


by otokichi2005 | 2018-03-18 19:07 | TX650 | Comments(0)
重大インシデント
フロントのメッキフェンダーに滴る液体は何だ!!!
それがブレーキフルードであることは分かっていたのだけれど、たまにリザーバータンクを開けてフルードを足していれば数ヶ月は持っていたので放置していたのです。
マスターシリンダーにエアが噛まなきゃブレーキは効くからいいやで放置していたら、先日のタイヤ交換でショップに向かう途中、遂にブレーキレバーが入り込み危うくグリップまで握り潰すところでした。
自宅に戻りリザーバータンクを確認したら、あららららららら!
液面は5ミリあるかないかでゆっくりとレバーを握りもどすと、出てくる出てくる細かな泡が!!!
ブレーキフルードが漏れているのは油圧式ブレーキスイッチ。
記憶を辿ると4・5年前に交換し、その時点で純正部品が廃番なので汎用品を代用したけれど、やはり汎用品は消耗品と割り切るしかないようです。
更に問題はこれだけではなくリザーバータンクにも。
キャップを開けると2枚のゴムパッキンがあり、やはり4・5年前に劣化したこのパーツを交換したのですが、やはりメーカー廃番で耐油ゴム板を丸く切り取って代用していたところハサミで適当に切ったもんでタンクが斜めった状態だと滲み出てしまうのです。
マスターアッセンブリーで交換したくても周辺パーツは全て廃番。
例のショップで似たような代用品が出ているけれど、信頼性が全くないのは経験上知っているから悩みどころなのです。
あーーーーー古いオートバイは面倒くせー。
e0026380_20562692.jpeg


by otokichi2005 | 2018-03-08 19:07 | TX650 | Comments(2)
蹴とばせた
嵐が去って気温は上昇したのでride on.
本当にTXのキックは踏み込めなくなったのか確かめてみた。
ガレージから引っ張り出して先ずやったのはスクワット10回。
しっかりと準備して空キックを4〜5回。
ここでメインをON。
キックストロークを稼ごうとペダルが一番上にある時上死点に持ってくると、結果キックが重くなるだけでケッチンを食う率が高まるので少し踏み込んだ角度、つまり力点が一番離れたところでエイヤッと踏み込むこと2回目でエンジン始動。
まだ乗れる。
そして向かった先は二輪館でリアタイヤの注文。
たったの3千キロ少々でセンターの溝が殆どゼロに近くなったTT100GPは、白いモトが後ろつけば青紙もらっても文句言えないほどに。
これでフロントも減ってりゃ前後そっくり換えたいタイヤがあったものの、フロントはセンターからサイドまでたっぷり6.7分は残っているのでリアのみ交換。
そこで当初は前後交換までの中継ぎだから同じTT100を履くつもりでいたところ、更に安くてルックスもまあまあなタイヤを発見。
ありがたいことに価格も3千円も安いし。
昭和49年生まれのTXにピッタリなタイヤとは・・・
ダンロップK87!!!
性能は二の次、安いが一番www.
保安基準を満たせば何でもOK.
e0026380_21185524.jpeg
e0026380_21190960.jpeg
e0026380_21192749.jpeg
キックおーらーい
by otokichi2005 | 2018-03-01 20:45 | TX650 | Comments(3)
未来予想図
昨年還暦を迎えたと喜んでいたら、瞬く間に一つ歳を増してしまい感じてきたのが体力の衰え、特に脚力が著しい。
それを強く感じさせるのがTX650のキックによる始動。
エンジンを換装してコンプレッションが上がったのは走った感覚でわかるのですが、バッテリーの劣化が原因なのか時々セルが滑ってしまい止むを得ずキックを踏むと、やたらとケッチンを食うようになったのです。
連続して食うと、もう怖くて更に蹴飛ばす思い切りが躊躇してしまうのです。
乗れば歯切れのいいサウンドと、何よりCBやZと違い高速SAでドヤ顔?できる珍車だからオーナー冥利に尽きるオートバイなのに。
TXのケッチンは、私のオートバイ遍歴40数年間で経験したケッチンの中で飛び抜けて強烈なもので、土踏まずを蹴り返すなんて半端なものじゃなくカカトをすり抜けてふくらはぎを引っ叩くというほどのものです。
エンジンの造形からタンク、メッキのフェンダーまで、これぞ昭和のオートバイという所有欲は満たしてくれます。
しかしながら、その日のご機嫌次第では凶器となるのです。
だから、セルが生きてるか滑るかは関係なくキックで始動ができなくなった時TXとお別れの時です。
その次はマーニとなるでしょう。
今現在マーニは車検を切らして乗っていないのですが、クラウチングスタイルがきつくて距離を走れないという問題があるのです。
ガレージで撫で回し眺めているだけでも満足しているのですが、そう遠くない時期にお別れがくるでしょう。
最後に残るのはGL。
車両重量410キロというのは軽量なリッターバイク2台分で頭の中で考えると乗れたものじゃないけれど、タンデムをしなければ低めのシート高と相まって重量をあまり感じません。
しかしこれも今だから。
確実に衰えていく脚力でいつまで支えられるのやら。
けど免許が生きてるうちは乗り続けていたいから、近い将来に軽くて小さなエンジンになっていくんだろうな。
ゴールが近づいてきた。
e0026380_20143429.jpeg
キックペダルが踏めなくなってきた。
e0026380_20100535.jpeg
セローはインジェクションになって扱いやすくなったみたい。
by otokichi2005 | 2018-02-26 21:40 | TX650 | Comments(0)
倦怠期?
e0026380_20310676.jpeg
ヤマハに発情して、そればかり乗って気分が高揚していたところ、先月末に同居する高齢の義父が亡くなり喪に服していました。
苗場のユーミンライブで大騒ぎしてきたのに、この冬の寒さが身にしみて気持ちはすっかり萎んでしまいました。
義父は95歳で生涯を終える大往生でありました。
果たして自分はあとどれだけ生きていられるのだろうか、後何年オートバイに乗れるのだろうか、80・90まで生きていられるのか。
そんな事を考えていたら、何故かガレージの車やオートバイがただの鉄の塊にしか見えなくなってきたのです。
それでも機能を維持する目的で全部乗ってみました。
乗ってはみたものの寒い。
春が待ち遠しい。

by otokichi2005 | 2018-02-09 19:44 | TX650 | Comments(0)
ファイアー
ヤマハにサカリがついて乗らずにいられない。
先日セローで遊んだ甚兵衛サーキットをTXで爆音一人旧車會w
いつもの堤防で一服つけて帰るかとセルを回すと、早くも空回り症状が出やがった。
コンチクショー、キックで蹴飛ばすしかないかと2・3回蹴飛ばすと、ポーンという音と共に左脚ふくらはぎに爆風が!
なんなんだとエンジンを見てみると・・・
あはっ、すっぽ抜けてる。
金属バンドでしっかりと締め付けてあったはずのソレックスがインシュレータから完全に抜けてる。
幸い車検切れマーニから車載工具を積んでいたので、バンドを緩めて嵌め込む事ができたからよかったけれど、危うくレッカーのお世話になるところだった。
バックファイアですっぽ抜けた原因は、エアクリ側のバンドを閉め忘れて爆風をソレックスが受け止められずに後ろに吹き飛ばされたためで、適当な整備のツケが回ったんでしょ。www.
帰り道は、その分捻りまくって快楽の極み!!!
チョー気持ちいい。
なんも言えねー。
んで、帰ってからマーニの車検取得に向けた気持ちを高めるため、半年ぶりにガレージから引っ張り出して雑巾掛け。
エンジンは定期的に掛けているので、今日も一発始動だ。
e0026380_19245151.jpg

e0026380_19245234.jpg

e0026380_19245351.jpg

e0026380_19245488.jpg

e0026380_22095113.jpeg

e0026380_20500174.jpeg
オマケの画像、ロケットカウルが格好いいなw

by otokichi2005 | 2018-01-19 18:34 | TX650 | Comments(0)
8°c
昼過ぎ、予報では5°cを超えるというから走っちゃった。
650ccだからしょうがないけれど、100キロ出すと4千回転まで上がってしまう。
快適回転数は3千5百回転で、速度は90キロ弱。
すぐに追いつかれてしまうから走る障害物とならないように先に行かせる。
ブチブチした音が聴けないと損した気分。
それにしても、早朝のクソ寒さを経験しているから外気温5度を超えると寒さを感じない。
エンジンが回るようになったのが11月で、あれから二月過ぎて走った距離は約1000キロ。
ヤマハの金管楽器?はいくら聴いても飽きない。

by otokichi2005 | 2018-01-13 19:01 | TX650 | Comments(0)