自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:GL1800( 89 )
20181800
一泊温泉ツーリングは400キロ走って無事帰宅。
聖地伊豆箱根でゴールドウィングが十分スポーツランできることを再確認でき満足な二日間でした。
ところで先日、江戸川区のホンダウィング店の2018年型ゴールドウィング展示車をまたがってきたので印象を報告してみたいと思います。
結論から言うと、当たり前ですが凄くいい。
最新のゴールドウィングが最良のゴールドウィングだなんてポルシェみたいなキャッチフレーズが出てしまうところです。
第一印象であるスタイルは、今時のデザイントレンドに則って折り目が明確なウェッジシェーブで速そうな感じを強調しています。
跨ると、今までのモデルよりハンドル幅やシートとの距離感など圧倒的にコンパクトにまとめられています。
注目のフロントダブルウィシュボーンサスは、サイドスタンドを外して軽く前後に揺すってみると加えた入力分が一切の抵抗無く動く感じです。
展示車は6速MT車で、7速DCT車オンリーと思っていたのでちょっと驚きました。
電装類は当然にスマートキーで、インカムはBluetoothは言うに及ばずアップルカープレイの使用が可能で、iPadを搭載してるようです。
バッテリーが繋がれていないのでサウンドは聴くことができなかったのですが、新規制によって迫力のある音になっているそうです。
エンジンは水平対向6発に変わりはないものの、2バルブから4バルブへと進化を遂げています。
カタログによれば、更に低中速トルクが増加しているようです。
ミッションは5速から6速となり、その6速は更にハイギアード化されており高速の燃費向上が期待できそうです。
さて、最新のゴールドウィングを買うかと問われたら?
答えはノー!
何故ならば、スタンダードモデルでさえ300万円を超えるプライスに見合うだけの悦びを提供してくれるか疑問を感じるからです。
勿論、これからゴールドウィングを買うか検討している人は無理してでも最新のモデルを買うべし。
けれども旧モデルを乗っている私は、もう一世代進化したら買い換えたいかなという感じなんです。
ただ、更に一世代先は早くても10年先でしょうから現実には無理でしょう。
DCTに関しては賞賛のインプレッションがほとんどですが、あまり興味ありません。
そもそも趣味の乗り物だからこそマニュアル操作という面倒くささが大事な事と考えています。
それはポルシェ996カレラにもあてはまるのです。
性能はじめ全ての面で優れるDCTは、リバイバルおっさんライダー向け微妙なスロットルとクラッチ操作ができない下手クソライダー用ギミックと考えております。
とは言え本音は、お金があったら欲しい!
e0026380_20040257.jpeg
e0026380_20041645.jpeg
e0026380_20042901.jpeg

by otokichi2005 | 2018-04-22 18:05 | GL1800 | Comments(0)
箱根も夏?
いつもの宿まで一泊ツーリング中。
ルートはいつも通りの箱根大観山で、久し振りにターンパイクのハイスピードなコーナリングも堪能できました。
バンクセンサーが接地するかしないかを攻めて行くと、比較的安全にスリルを楽しむことができます。
いつもは十国峠から熱海市内に山下りするのですが、あまりにも天気がいいので今日は亀石峠まで伊豆スカをぶっ飛ばしてみました。
タンデムしてても、ニュートラルなハンドリングとロングなホイールベース、そして400キロを超える車体重量の安定感が相まって安心してフルバンクさせることができます。
さぁ、今日も飲んで食って気がすむまで温泉に浸かろう。
e0026380_16482656.jpeg
ターンパイクは、3月1日からトーヨータイヤからアネスト岩田にネーミング変更してました。
e0026380_16485723.jpeg
大観山の気温は15度、メッシュじゃ涼しかった。
e0026380_16493525.jpeg
スカイポート亀石ではディノのオフ会に遭遇!
こんなにたくさんのディノを見たのは初めて。
e0026380_16495357.jpeg
e0026380_17232388.jpeg

by otokichi2005 | 2018-04-21 16:25 | GL1800 | Comments(0)
4月のバカ
二週続けて同じ所を走るとは。
職場では友達いないを自覚しているこんな私でも、ただ一人数ヶ月に一度は走ろうよと誘ってくれる友人がいます。
その彼に誘われたのですから二つ返事でOKしたのです。
今年度最初の遊びは先週に続いて南房総ペタコンペタコン。
更に南房総コンシェルジュから事前に聞いていたレストランでランチ?
何度走っても面白い南房総。
e0026380_15360189.jpeg
e0026380_15363633.jpeg
e0026380_15373376.jpeg
e0026380_15381430.jpeg
e0026380_15384440.jpeg


by otokichi2005 | 2018-04-01 18:54 | GL1800 | Comments(0)
南房総しゃぶり尽くし
e0026380_19125334.jpeg
e0026380_19131527.jpeg
安房グリーンラインの駐車場で恐ろしい者を見てしまった。
ミニスカート履いてカスタムしたCB1300の傍に立つ「男」!!!
気持ち悪かった。
e0026380_19134162.jpeg
暖かいと走らずにはいられない。
勿論大好きな南房総を。
今日は考えつくところを片っ端から走ろうと決めたので、遊びのツールはGLに即決。
TX650 でブチブチと爆音を撒き散らす事も考えたけれど、自分が音疲れしちゃうのでGLとした次第。
そして、ステップのバンクセンサーは頭が殆ど削り落とされてしまったのです。w




by otokichi2005 | 2018-03-25 18:53 | GL1800 | Comments(0)
房総散歩
走行時間は往復3時間以内でね。
そんな条件でお散歩したのは、いつものカフェ。
立ちゴケしないようにヨメの乗り降りはサイドスタンドを出した状態で、更にバックギアを使った切返しは必ずソロで。
走り出せばその重量故に超安定と相反する軽快を合わせ持つキングオブモーターサイクル?
e0026380_18421661.jpg

e0026380_18421761.jpg

e0026380_18421728.jpg

e0026380_21590141.jpeg



by otokichi2005 | 2018-03-11 18:30 | GL1800 | Comments(0)
タンデムラン
日記を辿っていったら、一昨年の12月にカーちゃんを「載せて」以来1年3ヶ月振りにタンデムしちゃいました。
そもそもTXに発情しGLに乗る機会が減っていたところ、カーちゃんは寒いだの暑いだの言って乗りたがらず一年以上の歳月が流れていたのです。
走り出して暫くは0.5トンを上回る重量物に緊張していたのですが、交差点を二つ三つ過ぎる頃には感覚が甦り緊張感はなくなりました。
高速を流していると水平対向6発の奏でるサウンドに癒されます。
本線合流で早めにシフトアップし、5速1,500回転あたりからスロットルを捻れば、ヒューンという音と共にどこまでも加速していくトルクフルな加速感は痺れます。
買取業者を呼び売り飛ばそうとした事もあったけれど踏み止まって良かった。
e0026380_14351247.jpeg
最高気温14度で、オートバイが湧いて出てきた市原SA。
e0026380_14352265.jpeg
e0026380_14354066.jpeg
木更津のラーメン屋さん往復しただけ。
e0026380_14355124.jpeg


by otokichi2005 | 2018-02-24 14:05 | GL1800 | Comments(0)
安楽椅子
ヤマハに発情して他のオートバイが目に入らなくなっていた。
ちょうど1ヶ月前、リアタイヤを交換しガレージにしまい込んだままの
「モビーディック」
珍しく小春日和になった今日、所用があったので足にしてみた。
高速道路を走ると、快適速度の限界が法定速度というTXと違い、周りの交通状況次第ではどんな速度だろうが快適という超安楽オートバイであることを再認識。
このオートバイに乗っていると、エンジンのバイブレーション、サウンド、ハンドリング、それがドーシタの一言で片付いちゃう。
フツーとは違う世界。
これはこれで捨てがたいものがある。
e0026380_16515607.jpg

by otokichi2005 | 2018-01-09 16:38 | GL1800 | Comments(2)
学術研究???
今年最後の?ポカポカ陽気を逃してならずと走ってきたぞ。
朝起きて家を出る直前まではTXをブチブチ唸らせるつもりでいたのが、ガレージのシャッターを開けた途端に心変わりしてGLで決行となった次第。
冬のライディングスーツ上下共着て行ったら暑いこと暑いこと、いくらなんでも暑過ぎるだろうと思っていたら、なんとグリップヒーターとシートヒーターがONになっていた。
コースは走り慣れた房総だけど、今日は明確な行き先を決めてGO。
向かった先は、世界的に認められた地質学上の地点、市原市田淵の地磁気逆転地層チバニアン。
12万6千年前〜77万年前をチバニアン(ラテン語で「千葉時代」)として地質時代名称となるんだって。
因みに、午後からNHKの取材があるそうで研究者と思しき方々がいて、話している事を側耳立てて聞いていたら、77万年以前の地層近くだとコンパスの針がクルクル回って北を指さないそうな。
それにしても、平日とは思えない台数のオートバイが走り回ってた。
みんな考える事は同じw。
それでは命名を祝って一曲。
e0026380_17463421.jpg

e0026380_17463615.jpg

e0026380_17463790.jpg

e0026380_17463803.jpg

e0026380_17463947.jpg
e0026380_17511405.jpeg
e0026380_17513203.jpeg
e0026380_17515140.jpeg
e0026380_17520528.jpeg

by otokichi2005 | 2017-11-29 17:14 | GL1800 | Comments(0)
お散歩
e0026380_18074395.jpg
金谷港マックスターン
e0026380_18080377.jpg
いつもの散歩道。
鹿野山で東京湾を一望し、もみじロードをペタコンペタコン。
全行程200キロが今一番いい距離。
これ以上走ると疲れが残るし、短いと走り足りない。
加齢と共に行動半径は小さくなっていくけど、得られる満足感はあまり変わらないからエコになっていく。


by otokichi2005 | 2017-11-04 18:07 | GL1800 | Comments(0)
スローパンク
ほぼ一月ぶりにオートバイで100キロ以上走ってみました。
本当はTXでブチブチ走りたかったのですが、アイドリングするだけで走りたがらず止むを得ずGLでいつものコースをぐるっと一周。
家まであと少し、コンビニ兼ガススタに立ち寄り何気なくサイドスタンドで停めたGLを見たら微妙にリアタイヤが潰れてる。
パンク⁉️
その場でタイヤを確認すると、何も刺さっていない。
そこでガススタ備え付けのコンプレッサーでエアを入れると、入る入る規定圧になるまでしばらく時間がかかりました。
で、バルブからエアーの先っぽを離した瞬間シューーー!
バルブから漏れていたのです。
とりあえずキャップをしっかり締め急いで帰宅し「虫」交換。
3年くらい前にリアタイヤを交換した際にケチってバルブ交換をしなかったのが災いしたようです。
手押しポンプ100回くらい押して規定の圧に戻りましたが、出先でペッチャンコになったらと考えると危ないところでした。
タイヤ交換したらバルブも交換しなきゃなんですね。
e0026380_18484854.jpg

e0026380_18484931.jpg




by otokichi2005 | 2017-11-01 17:35 | GL1800 | Comments(0)