2018年 10月 03日 ( 1 )
機能維持走行
天気はイマイチ昼過ぎまで雑用に追われて触る事もできません。
雨が降っているでもなく乗れないのは精神衛生上よろしくありません。
そこで近所を一回りしてきましたが、せっかくなので一月半程乗らず盆栽になっていたTXを引っ張り出し30キロ程乗り回してきました。
V7のトロトロと回るエンジンにすっかり身体が慣れていたので、比較にならないほどレスポンスが良いバーチカルツインは正直言って疲れました。
生まれた年はほとんど同じ70年代半ばで排気量はポッキリ50cc違い。
このレスポンスの違いは、エンジンがバーチカルツインかVツインかというよりキャブとフライホイールマスの違いにありそうです。
トラックのエンジンかスポーツカーのエンジンか、それほどの違いがあるのですが、トラックのエンジンの方が疲れません。
ただし、スロットルの重さに関してはTXに装着されたSU負圧キャブに軍配が上がり、右手だけは圧倒的にTXが楽できます。
何れにしてもここまで違いがある事がTXを手放せない理由の一つです。
車体重量はTXが20キロくらい軽いようなので、チャンスを見てガレてない林道ツーリングでもしてみようかなと妄想しています。
e0026380_19515751.jpg
e0026380_19515828.jpg
TXをガレージにしまったら、ビートで超高回転低出力を堪能しながらスーパーまで買い物。
ポルシェじゃ有り得ない9千回転オーバーのトリプルサウンドに痺れて一日を締めます。
e0026380_19595513.jpg
他にやる事無いのか?・・・無い!

by otokichi2005 | 2018-10-03 18:58 | TX650 | Comments(0)