自分大好き60歳
by otokichi2005
2018年 04月 16日 ( 1 )
OHならず
有り余る時間を使ってTX650のキャリパーOHにチャレンジしてみました。
結果から言えば、思っていた以上に面倒で断念しました。
ヤマハが始めて採用したディスクブレーキキャリパーは、キャリパーだけ外して最中合わせの本体を割るという今時キャリパーのようにはいかないのです。
キャリパーを外すには前輪やフェンダーまで外さなければならず、おそらくはOHするといことは考えていないのでしょう。
手持ちの純正ピストンシールキット(今でも部品が出る!)は気が向いたら再チャレンジしたいと思います。
ブレンボのおにぎりキャリパーとは見た目似ているだけで大違いです。
結局はフルードを交換しただけで終わったのですが、油圧式ブレーキスイッチからの盛大なフルード漏れもあってブレーキマスター交換とスイッチは油圧から機械式に変更することとしました。
アマゾンで注文したブレーキマスターは、ニッシン製レトロな感じでTXスタイルを壊さず、シリンダーサイズは事前に調べた純正と同じ1/2です。
商品画像を見る限りブレーキスイッチも付いているようなので、換えたところで5・6年もすれば漏れてしまう油圧式ブレーキスイッチから変更しようと思います。
e0026380_19505922.jpg
e0026380_19510957.jpg
e0026380_05485269.jpeg

by otokichi2005 | 2018-04-16 19:08 | オイル交換、メンテ | Comments(2)