自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ガバガバ
V7の酷いお漏らしで、ガレージどころか家を丸焼けにしてもおかしくない事態には参りました。
原因は、ガソリンタンクからキャブレターに繋がるゴムパイプのつなぎ目からの漏れが原因です。
V7のタンクは左右別にコックがあり、クロスパイプとそれぞれにフィルターが付き合計12箇所で繋がれているのですが、バンドで緩み止めがされていたのは4箇所のみ!!!
普通ならば、バンドが無くてもホースの張力によってオス側のカリwに引っかかり抜けることも漏れることもないのですが、ホースのサイズが微妙に合わずユル◯ン状態でガバガバすぽすぽwww.
更に困った事に二つあるコックのうち一つが機能せずOFFってくれないので結局はタンクのガスを携行缶に移す事になったのです。
今日は幸い殺人的な猛暑ではないので対策を実施しました。
先ずはコックをバラしてみると、いわゆるレンコンがズレて機能していませんでした。
幸いゴムレンコンは割れ欠け硬化もなくズレを直して対策。
但し、漏れを起こしたコックは基本的に欠陥品で、オン・オフ・リザーブそれぞれでクリックするはずが構造的欠陥でクリックできないのです。
とりあえずはOFF機能は回復し、バンド8個追加して対策完了しました。
40年以上前の古いオートバイですから調子イマイチはしょうがないのですが、笑って済まされない悲劇を起こさないようまだまだ点検が必要です。
e0026380_20094157.jpg
内部パーツはクリックするようになっているけれど、構造的欠陥よってクリックせず。
e0026380_20095555.jpg
ガソリンタンクを後ろから見た図。
この深い切れ込みによってコックは二つなければならないのです。
e0026380_20101519.jpg
ノーマルよりデカイらしいタンク容量は不明?
e0026380_20263861.jpeg
背骨1本しかありません。
マーニは2本で比較にならない剛性感を感じますが、V7はこれがいいんです。
ちなみにTX650も1本ですが、剛性感のないフレームはマッタリとした緩い感じに欠かせないのかもしれません。

by otokichi2005 | 2018-07-25 19:02 | モトグッチ V7 | Comments(4)
Commented by Gambaldo850 at 2018-07-25 21:15
7ミリ径のホースを買ったほうが良いです。中々無いので8ミリ径でごまかしているんですね。ついでにフィルターも外したほうが良いかと思います。
タンク容量は22.5リットルです、全て使えればですが。予備タンク容量は一応4.5ですが私のも不安定でよく解りません。
Commented by otokichi2005 at 2018-07-25 21:47
そうですね、ヒィルターにゴミは付着しておらず必要ないかと思います。
先程ガレージを見たら結局コックは機能せず、おまけにオーバーフローでダダ漏れしてました。
コックの交換、キャブレターのフロート点検などなどやる事てんこ盛りです。w
けれども石塚さんときたら、うんうんホースはねバンドで締めれば治るよとか、
Commented by ナイス害 at 2018-09-06 17:27 x
いつも楽しく拝見させていただいております。
燃料コックですが、往年のオルランディを模したレプリカモデルですね。
ゴムレンコンの突起受け部分の作りが甘い個体が結構ありまして、ハズレの個体は本来固定されていなければならないレンコンがレバー動作と連動して動いてしまい、燃料漏れを含む供給不良の原因になります。
レバーをオフの位置にしてもずっとアイドリングを続けている場合、大体このレンコンずれが原因です。
この燃料漏れが曲者でして、キャブのフロートバルブが塞き止めて供給が止まってくれるといいんですが…、不幸にもフロートバルブがへたって仕事を休んでいる場合、オーバーフローしたガソリンがケース内に流れ込んでエンジンを潰す可能性が高いです。

コック自体は現在も入手可能です。V7の販売元に確認されてみるといいかもしれません。
Commented by otokichi2005 at 2018-09-07 13:30
ご丁寧にありがとうございます。
とりあえずボンドを裏面に塗りズレ止めを施したところ今のところは機能しています。
二つあるうちの一つは、構造的欠陥によりクリックしません。
アメリカ製かと思われますが、彼らが作るパーツはロクな物がありませんね。
<< ダメ出し 8( I-I )8 >>