自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
魔法の脚
早速ポテンザRE 01を履いて近所をひとっ走りしてきました。
タイヤショップを出て最初に気付いたのが圧倒的に静かになったことと、ステアリングに伝わる振動の軽減で、これはGⅢの5分山まで減ったトレッドの厚みとコンパウンドの柔らかさによる相乗効果ではないかと思います。
さて肝心のハンドリングは軽快感が更に高まり、わざとラフなステアリング操作をしてもGⅢのようにザワザワした感じはなく吸盤で吸い付いているかのようなフィーリングです。
ただし、GⅢでさえ感じたフニャサス感も高まり、それこそ限界を超えてもグリップし続けて横転しちゃうんじゃないかと感じてしまうほどです。
GT-Rニスモと同じ?ホイールを履いたビートは、計り知れないポテンシャルを秘めているのです。(ウソw)
e0026380_18465891.jpg
今時のスタンダードな軽乗用車でも履かないフロント13インチのコロッとしたルックスが好きなんです。
e0026380_18465916.jpg
リアも14インチのアスペクトレシオ55ながら、幅が185なので結構なハイトがあります。
ちなみに、前後共外径はスタンダードとほぼ同じです。
e0026380_18470061.jpg
ズタボロな幌はリアスクリーンを取り外していますが、強い日差しを遮り「海の家」に似た涼しさを感じます。
エアコンは、当然壊れたままでベルトも外しています。
e0026380_19070410.jpeg

by otokichi2005 | 2018-06-27 18:24 | ビート | Comments(0)
<< 聖地巡礼ご挨拶 RE 01 >>