自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Autostrada del Sole
10ヶ月振りに高速を走ってきました。
マーニ・アルチューロの940ccOHVエンジンは4〜5千回転をキープ。
プラグのカーボンは焼き切れたのでしょう、軽快なツインサウンドを奏でています。
トータルで160キロ程走ってきたのですが、ラスト20キロくらいから僅かに下が不安定になってしまいました。
飛ばしすぎたのが原因のようですが、カブってないのにバラつき始めたのです。
この症状はTXの時に似ています。
だとすれば、疑わしいのはコイル。
平成元年生まれなので29年が経過しているポンコツ一歩手前の老体ですから何が起きても驚きません。
けれども、私のマーニはダイナ何とかという点火系で、これがノーマルなのかチューンしたものなのか分かりません。
ポイントかCDIなのかもわからないのです。
時間は捨てる程あるので、改めてタンク外して確認してみようかと考えています。
それにしても回す程に気持ちを高揚させるVツインは、危ない、面白い、癖になってしまう。
そして、スタンドを掛けて佇む姿がクラシックレーサーで、いつまでも眺めていたくなるのです。

さて前回の記事の答えは・・・
ブレーキローターが左右逆さま!!!
ローターの渦巻きフィンが、サスのスポイラーによってかき集められた空気をローターの外側に吐き出すはずが、滞留してしまうんです。
もっとも10万キロ走ってローターとパッドを3分の2しか擦り減らさない使い方ですから、空気が抜けようが滞留しようが全く関係ないのですけどね。
けれども、何処かで誰かに「ローターが逆さまだよ」なんて言われようものなら小っ恥ずかしいんです。
どうなることやら。
e0026380_22330569.jpeg
e0026380_22333010.jpeg
e0026380_22335648.jpeg
e0026380_22340922.png

by otokichi2005 | 2018-05-05 21:50 | マーニ | Comments(2)
Commented by Gamba at 2018-05-07 08:48 x
ダイナⅢの点火系だとするとフルトラに成っているようです。
ノーマルはポイント点火ですから、緑色のダイナコイルが付いているかもしれません。
もし緑色もしくはえんじ色のコイルでしたらコイルの可能性がありますね、黒いお汁が外に出ていると危険のサインです。
ヒートすると失火するのはそのせいかも知れません。
しばらくはごまかせると思いますが、いずれは…(笑)
Commented by otokichi2005 at 2018-05-07 21:39
あちゃー!!!
確かにTX不調の始まりとそっくりなんです。
ネットで色々と調べるほどにコイルが原因の不調が多い事を知りました。
だったらコイルを交換しちゃおうと検索したら、ダイナⅢの適合するコイルが無い!
GSJ頼みになるしかないんですかねー。
ただ、車検で手こずる原因となった単なる接点の腐食である事を祈って悪あがきしてみます。w
<< 印旛沼 間違い探し >>