自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
マリタイムブルー復活
半月前にフロント周りからの異音でショップに預けたカレラが修理を終えて戻ってきました。
アッパーマウント、タイロッド、ロアアームなど交換した結果は、高いお金かけただけの事はありました。
先ずは、当然ギシギシバキバキの異音が無くなったのは勿論で、アッパーマウント交換が功を奏したかハーシュネスも軽減しスパルタンなスポーツカーがサルーンに変身!
更に4輪アライメントをキッチリとったので、それまでのステアリング当て舵は無く、広げてしまったトータルトーを基準値のトーインにしたおかげで切り始めからシットリした感じになりいい感じです。
ただし、もとよりフロント荷重が超軽いリアエンジンの車ですから矢のようにドシッとした安定感はありません。
はっきり言って今までよりはいいというレベルです。
けれども、これが911のハンドリングですから嫌なら乗るなという事でしょう。
フロントブレーキはローター研磨とパッド交換し、これも明らかにペダルのタッチが向上したのでやった甲斐があったを実感しています。
けれど、大したことない小さな事なのですが、お店のちょっと不誠実な対応と、近い将来間違いなく次々と訪れる定番故障・摩耗を考えると持ち続けることがバカらしくなったのも事実で、いつでも手放す気持ちを持っていこうと決意しました。
e0026380_20171150.jpeg
耳を落とされ真っ平らになったローターと、3倍の厚みがあるパッドでペダルタッチが向上。
e0026380_20172313.jpeg
e0026380_00041945.jpeg
e0026380_00043157.jpeg
e0026380_00044117.jpeg


by otokichi2005 | 2018-05-02 19:28 | オイル交換、メンテ | Comments(0)
<< 間違い探し 車検取得 >>