自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
車検に向けた傾向と対策
車検の傾向など何かあるわけでもなく、保安基準を満たせばそれでいいのです。
現状でドカポルマーニはフロントのウィンカーが保安基準を満たしておらず、先づはその対策をとらなければならないのです。
そんなことで、とりあえず保安基準を満たすウィンカーと取付けステーを購入し、さてと付けようかとロケットカウルをいじっていると何か変。
なーんと、左のカウルステーが根元からポッキリと折れているではありませんか。
車検が切れた昨年の7月頃、やけにカウルが震えるなと気にはなっていたのですが、その原因がステーの折損だったとは気付きませんでした。
とりあえず、折れた鉄パイプの内径に合うポルトを埋め込みポンドとタイラップで締め付けて急場を凌ぐ事にしました。
さて外したカウルですが、取付けた状態だとロケットカウルじゃ空力的に大して効果はないのかなと思っていたのですが、外して被ってみると(笑)上半身を見事に覆ってくれる事が分かったのです。
実際走っていると、特に高速走行中では、ほとんど風圧を感じる事が無いので空力的にはとても有効で、かつ空冷エンジンの美しいシリンダーフィンを隠す事ない素晴らしいパーツである事を知りました。
来月のルマン会議に向けて早く車検を取らなければ。
e0026380_19155060.jpg
フロントタイヤ脇に転がる湾曲した黒い棒が折損していたステー。
e0026380_20181857.jpeg
ロケットカウルを被ると上半身が空力ボディーに変身するのです。


by otokichi2005 | 2018-04-06 18:31 | マーニ | Comments(0)
<< ランドセルを背負ったセロ 4月のバカ >>