自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カレラの足腰ガッタガタ
ポルシェ996カレラのタイヤをスタッドレスタイヤから夏タイヤへ交換。
冬タイヤ交換から今日まで3ヶ月半で走った距離は、なんとたったの600キロ!
替えるだけ無駄な労力を払っただけ。
これだけ走らなかった理由はただ一つ、昨年5月に我が家に来たウェイクが便利で事足りてしまうから。
そのウェイクは、現在まで10ヶ月間で走った距離間もなく1万キロ!
かと言って手放して経済車に乗り換える決断も付かず。
そこで9年先つまり70歳になるまでのランニングコストを客観的に計算してみると。
なんと、馬鹿高い自動車税や決して褒められない燃費を考慮しても、買い換えるよりは乗り続けたほうが経済的なことが判明したのです。
しかし、今回のタイヤ交換で19万キロ超え過走行カレラのポンコツ度合が一段と進んでいることを知ったのです。
フロントタイヤの交換を終えてジャッキアップした状態でタイヤを揺すると、カタカタとガタが発生しています。
ホイールを空転させるとガサガサした回り方は無いのでハブベアリングではないようです。
ならば何処からか?どうやらタイロッドエンドのピロボール?がダメなようです。
実際走ってみると、右フロントからは路面のギャップを拾って常にカタカタと異音が出ています。
クラッチやブレーキパッドを減らさないようにと常にしみったれた走り方に心がけていますが、流石に関節の類は走った距離相応に摩滅していくので避けることはできなかったようです。
そろそろ諦めて、10年先を見据えた最低限のリフレッシュに取り組まなければならなくなりました。
e0026380_20105969.jpeg
e0026380_19211524.jpg
タイロッドエンドのゴムブーツは破れてはいないけどガタが出た。
e0026380_19211688.jpg
バンプラバー(スポンジ)とダストブーツはボロボロ!
e0026380_19482642.jpeg
295/30-18のマッチョなルックス。
190,850km


by otokichi2005 | 2018-03-22 18:39 | オイル交換、メンテ | Comments(0)
<< 前軸重量 春が来た >>