自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
盆栽いじり
天気が良くなってようやく触る気分になってきた。
先日はキャブレターの点検清掃を済ましたので、今回はエンジン本体の調整にトライ。
先ずはエンジンが冷えてなければできないタペット調整から。
ゲージで測定してビックリ、左右インテークエグゾースト共に既定値の半分くらいしかクリアランスなし。
なんとか既定値に合わせ、続いてポイントのタイミング調整にトライ。
先ずギャップを測定するとかなり狭くなっていたので、これまた既定値に調整しエンジンを掛けてタイミングライトを使って確認。
だいたいOKで、ガバナーもしっかりと働いている。
さて、やれることはやって試運転してみると、動くようにはなったけどダメ!
スピードはそこそこ出せるけれど、スロットルをガバッと開けると不正爆発を繰り返してしまう。
パイロットスクリューで濃くしたり薄くしたりしたけれど、こもったり息ついたり。
なんだろか?リーンなのかリッチなのか?
あと考えられるのはニードルの位置か?
けれど不思議なのは走行中に調子を崩した事で、普通に考えればゴミが詰まったとしか考えられないけれど、キャブレターを掃除しても改善されず。
まだまだ続くTXとの格闘の日々。
こいつが治らないとマーニの車検も取る気が湧かず。
e0026380_17065140.jpg

e0026380_17065232.jpg

e0026380_17065353.jpg

by otokichi2005 | 2017-11-10 16:55 | TX650 | Comments(0)
<< 幻のツインサウンド Grand P ri x >>