自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
来る時が来たか(T . T)
以前から気になっていたのが、カレラのエンジン始動直後の白煙。
このところの気温が影響しているのか、四日前に続き今日も盛大に白煙を上げてます。
バルブのシールが悪いオイル下がりか、ピストンリングかシリンダーが摩滅したオイル上がりか。
今のところ、始動直後の煙幕が治れば目視できる白煙はないので様子見といったところです。
しかし、半年前に訪れたウォーターポンプもそうでしたが、人間の風邪ひきと違って放っておけば治るもんではないのです。

けど、、3時間くらい放置して再始動するとオイルが焼ける白煙は出ないから、多分バルブのオイルシール劣化(硬化)によるオイル下がりかな?
e0026380_20305052.jpg
そして、大急ぎで交換したのがタイヤ。
昨日の雪もあるのですが、今年は厳しい冬になりそうなので、早めの冬タイヤ交換しておきました。
既に6シーズンで、7シーズン目に突入ですが、まだまだバリ山でブリッジが出るまで使います。
ところで、フロント205/50-17、リア255/40-17という標準サイズのスタッドレスタイヤですが、リアに履いている255/40-17というサイズは、今やブリヂストンのREV1しか無いんです。
ブリヂストンが販売を辞めてしまったら、それはつまりポルシェライフの終了。

e0026380_21050053.jpg
295/30-18タイヤの太い事。
タイヤが四角く見えます。

by otokichi2005 | 2016-11-25 20:00 | 996carrera | Comments(3)
Commented by otokichi2005 at 2016-11-26 21:49
気になるので、丸一日置いてエンジンが完全に冷えた状態でエンジン始動。
その結果は、始動直後に少しだけオイルが燃える白煙がうっすらと出ただけでおさまりました。
今日の気温は氷点下には下がらず、多分それが影響したんでしょう。
ということは、やはりバルブのステムシールが硬くなっているのではと思うのです。
つまり、この冬を乗り越えれば、シールの硬化が収まって白煙も出ないだろう、という都合のいい結論に達したのです。www
そもそも、確かポルシェが言うところでは、1,000キロでオイル1リッター減ったら終わりだぞと言っているので、白煙が出たところで気にしなきゃ良いだけなんです。
水冷カレラの耐久テストは、今まで通り何もせずに続行。!
Commented by katsupon730 at 2016-11-27 11:03 x
エンジンは、ちょっと心配ですね。
ところで、スタッドレスのタイヤサイズですが、マニュアルには225/45r17も可とあります。こちらのサイズでも大丈夫かと思います。225/45r14だと選択肢沢山あります。
Commented by otokichi2005 at 2016-11-28 12:13
ありがとうございます。
選択肢が残っていることを知り安心しました。
磨り減ったエンジンは、限界まで使い切るつもりです。
その時、潰すか直すか考えようと思います。
<< 気にするほどの事もない・・・らしい ブレーキの点検 >>