自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
スローパンク
ほぼ一月ぶりにオートバイで100キロ以上走ってみました。
本当はTXでブチブチ走りたかったのですが、アイドリングするだけで走りたがらず止むを得ずGLでいつものコースをぐるっと一周。
家まであと少し、コンビニ兼ガススタに立ち寄り何気なくサイドスタンドで停めたGLを見たら微妙にリアタイヤが潰れてる。
パンク⁉️
その場でタイヤを確認すると、何も刺さっていない。
そこでガススタ備え付けのコンプレッサーでエアを入れると、入る入る規定圧になるまでしばらく時間がかかりました。
で、バルブからエアーの先っぽを離した瞬間シューーー!
バルブから漏れていたのです。
とりあえずキャップをしっかり締め急いで帰宅し「虫」交換。
3年くらい前にリアタイヤを交換した際にケチってバルブ交換をしなかったのが災いしたようです。
手押しポンプ100回くらい押して規定の圧に戻りましたが、出先でペッチャンコになったらと考えると危ないところでした。
タイヤ交換したらバルブも交換しなきゃなんですね。
e0026380_18484854.jpg

e0026380_18484931.jpg




# by otokichi2005 | 2017-11-01 17:35 | GL1800 | Comments(0)
TX治らず
とりあえず燃料系から確認作業を実施。
キャブをバラして詰まりがないかを確認したところ、特にゴミは見当たらず詰まりは無し。
組み付けてエンジン始動すると、やはりバラリンバラリン。
不思議なことにアイドリングは安定しているのに、少しでもスロットルを触ると右側が失火し
アフターファイアーの嵐。
タイミングがずれているのか?ガバナーがダメなのか?
いづれにしても大嫌いな電気系を確認しなければなりません。
あー気が重い。

ツインだから当然だけど、ビックシングルが二本並んでいるみたい。
e0026380_18103662.jpeg
外すのはネジを緩めるだけで簡単なんだけど。
e0026380_18104961.jpeg
ダイヤフラムはパンクしていなかった。
e0026380_18111415.jpeg
左右のキャブを繋ぐガソリンとスターターのゴムパイプ。

e0026380_18112790.jpeg
2型以降のエアクリボックスはブローパイプがインマニへ流れるようになっているのですが、
実走行1万4千キロのエンジンは、ほとんどオイルを吹きません。
e0026380_18113856.jpeg

# by otokichi2005 | 2017-10-31 18:00 | TX650 | Comments(2)