自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2016年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
雨に濡れても
4日前のツーリングで疲労した身体はまだ完全に戻っていません。
歳を増すごとに回復に時間がかかります。
なのに、
馬鹿は死ななきゃ治らないのです。
早いお昼を取ったら家でジッとしていられず、まずはTXを駆り出し九十九里浜へ。
途中なんと土砂降りのスコールをくぐり抜け太平洋まで。
波乗り道路が全面通行止めなので、タバコ2本つけて自宅にトンボ帰り。
そして、あの疲労発生装置であるマーニ アルチューロへ跨り無駄に高速を走ります。
三倍は出ないけど、 二倍は楽勝なOHV87馬力を唸せてスッキリ。
スポーツバイクでありながら馬力だけじゃ語れない面白さを味わえるOHVツインなのです。
e0026380_21285920.jpeg
e0026380_21292574.jpeg
e0026380_21295321.jpeg
e0026380_21300948.jpeg

by otokichi2005 | 2016-07-28 21:27 | マーニ | Comments(0)
別腹
昨日はあれほど疲れたのに、やっぱりコイツに乗らないとお休みやり残した感があるのです。
クソ重いクラッチを除けば、ワイドな純正ハンドルにフォワードしたステップ?で、とにかく楽チン。
絶対的なパワーは大したことないけれど、TT100GPタイヤにしてから、抜群にキレのいいハンドリングで、実はコーナリングマシンだし。
その昔、買いたくたって手の出ない夢のオートバイだった思い入れもあるし。
だから1日1回乗らないと悔いが残るんです。
e0026380_18241734.jpg
アルミ無垢のタペットカバーをピカールで磨いてみました。
e0026380_18241735.jpg
艶ピカ
e0026380_18241845.jpg
高速3区間5千回転以上をキープしてぶっ飛ばし、お家に帰ってオイルレベルを確認したら空ケツだった。
e0026380_18241880.jpg
タンクにワンポイント!
やっぱり音叉がなきゃ。
e0026380_18241968.jpg


by otokichi2005 | 2016-07-25 16:34 | TX650 | Comments(0)
経年劣化
仕事仲間と箱根経由して裏道志をマーニでぶっ飛ばしてきました。
昨年の秋にマーニで日帰り600キロ走ったので、今回の450キロくらいは何とかなるだろうと思ったのですが大間違い。
市街地走行 時間が長かったせいかヘロヘロになりました。
中央道石川PAで解散する頃は自宅まで帰る体力は使い果たし、されど自走して帰らなければと気力を振り絞って走ったのですが、途中代々木PAと習志野PAで休みながら何とか帰り着きました。
製造から27年経ったポンコツマーニは1年経とうが変わりないのですが、跨るライダーの劣化が進んでいます。
いく先々でドヤ顔したいからという下心でマーニ参戦したのですが、結果は年寄りの冷水で終わってしまいました。
これからは安楽な座椅子に座るGLで参加することにします。
それでもあと5年ちょい、65歳まで乗り続ける事ができるのか自信がありません。
e0026380_20373557.jpeg
ターンパイクの山登り、水冷フルパワー4発には追いつかない。
e0026380_20391329.jpeg
聖地巡礼
標高差1,000メートル。
何人もの生き血を吸う魔性の山。
ハイリスク ハイリターン。
下りは危ないから攻めない。
因みに、お隣の椿ラインもライダー天国だけど、はみ出した対向車に正面衝突されるリスクが非常に高い。
ハイリスク ノータリン。
e0026380_20393578.jpeg
e0026380_20402142.jpeg
超超超腹一杯
超超超超いいおあじ
e0026380_20411337.jpeg
沼津駅に近い漁港は海鮮物のお店がいっぱい。
e0026380_20415045.jpeg
裏道しで相模湖まで。
e0026380_08352039.jpeg
e0026380_20420879.jpeg
e0026380_08282982.jpeg
くぁとろ ばるぼれ
数えきれない程のオートバイにすれ違ったけど、GUCCIは私らの2台だけ。
変わり者の乗物?

by otokichi2005 | 2016-07-24 20:15 | マーニ | Comments(0)
サイドバックサポート
収納力ゼロなTX650にキャンバスのサイドバックをつけたいのですが、内側に入り込んでタイヤと接触しそうな気がして躊躇していました。
サイドバックサポートを付けようとドラスタ二輪館を覗いても、まさか40年以上前のオートバイ用などあるわけがありません。
何か流用できそうなものはないか物色していたら、おっと取付け穴二ヶ所が使えそうな物を見つけました。
ダメ元で右側用を注文して待つこと数日。
早速取付けてみたならば、何とビンゴぴったりでした。
残念なことにマフラーの跳ね上がり角度とシンクロしないのでスタイル的にはイマイチですが、十分役にはたちそうです。
さてと肝心なサイドバック選びをしなければ。
e0026380_19483486.jpeg
キジマのSR用サイドバックサポート。
取付け穴の間隔はピッタンコ。
e0026380_19495377.jpeg
左側はフレームのグリップ部分が邪魔して取付け不可。
e0026380_19502025.jpeg
ちょっと張り出し具合が大きいのであまり分厚いバックはカッコ悪くなりそう。
e0026380_20095717.jpeg
そしてGL1800のリコール。
昨年の11月に通知が来たリコールですが、半年以上たってようやく対策終了。
リコールの内容はリアブレーキと連動するフロントブレーキのマスターシリンダー周りの部品交換です。
2012年の購入から乗りっぱなしだったので丁度いいタイミングでOHしたようなものです。
ついでに クラッチのフルードとフロントブレーキのフルード交換をしておきました。
リコール後の感触に何の違いも感じません。
間も無く2万キロになろうとしているので、デフオイルの交換もしましたが、こちらもその違いは全く分かりませんが、これで又当分は乗りっぱなしでいけそうです。
自宅に帰り2階から洗車前のGLを観て悦に入ります。
大きいことはいいことだw

by otokichi2005 | 2016-07-21 19:35 | オイル交換、メンテ | Comments(0)
飽きもせず
走れれば何でもいいんです。
でもTXは格別です。
細いバイアスタイヤのキレ味がとにかく面白いんです。
グリグリしたグリップ感は無いものの、リーンウィズの古典的なライディングスタイルでペタコンペタコンさせると面白いんです。
フロントのシングルディスクも握力50キロの4本指で締めつければ何の不満もありません。
最新の使い切れないスペックより使い切れるローレベルなスペックが低いレベルつまり安全なレベルで楽しめます。
初期のVF750に似てます。
e0026380_20510786.jpeg

ガレージに転がってたレンサルのハンドルブレース取付け、ツールボックスをぶら下げました。
e0026380_20512269.jpeg
そしてドリンクホルダーも。

by otokichi2005 | 2016-07-17 20:11 | TX650 | Comments(0)
たまには乗らないと
しばらくぶりにマーニで暴走。
衝動買いから一年。
あれほど欲しいと突き動かされた気持ちも、手に入れた時から萎みはじめてきました。
それでも、この一年で最も距離を稼ぎ出し、約4千キロ走り回りました。
あと1年もつか微妙な感じです。
e0026380_22392783.jpeg
e0026380_22394424.jpeg
e0026380_22404061.jpeg

by otokichi2005 | 2016-07-12 22:31 | マーニ | Comments(0)
TXが好き
隣の村までひとっ走り。
e0026380_21030698.jpeg
e0026380_21033121.jpeg

by otokichi2005 | 2016-07-08 21:01 | TX650 | Comments(0)
18万キロ
08年に9万5千キロの過走行ながら、その色に惹かれて衝動買いしてしまった挙句993RSさえ追い出してしまったマリタイムブルーな996カレラ。
本日めでたく18万キロの区切りを迎えました。
とりあえず20万キロを目指しているのですが、最近は走行距離なんてどうでもよくなり、果たして何歳まで乗れるのか、高齢者マークを付けて走りたいななんて妄想しています。
e0026380_20051968.jpeg
e0026380_20054945.jpeg
e0026380_06473922.jpeg


by otokichi2005 | 2016-07-04 19:35 | 996carrera | Comments(2)
伊豆スカ
ワインディング三昧の一日。
大観山は濃霧で前見えない。
山を少し下りたら晴れてた。
伊豆スカいつ来ても面白い。
熱海の温泉はそれなり銭湯。
e0026380_21380277.jpeg
e0026380_21383557.jpeg
e0026380_21385069.jpeg
e0026380_21430522.jpeg
霧のターンパイク
e0026380_21440917.jpeg
e0026380_21444277.jpeg
e0026380_21453284.jpeg
e0026380_21461543.jpeg

by otokichi2005 | 2016-07-02 21:36 | GL1800 | Comments(0)