自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<   2015年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
寒くなったら乗れない
秋も深まり寒さが身にしみる季節になりました。
あれほど馬鹿のひとつ覚えで乗りまくっていたオートバイも、防寒対策が面倒で今ひとつ乗りたい気持ちが高まりません。
けれども、無理してでも乗っておかなければ一週間後悔する事もわかっていたので、一番ラクチンなGLでガソリンを捨ててきました。
いつものループは、オーディオのボリュームを上げて自己満足感だけを高めます。
トンネルは、無駄にクラクションを鳴らしてドームの反響を楽しみます。
くだらない休日の過ごし方です。
しかしながら、今オートバイに乗れなくなったら人生終わりです。
ノーバイク、ノーライフ。
と思って自宅に帰り着き、暇つぶしに過去アップロードした画像を見ていたら、こんなエキサイティングなサウンドを思い出したのです。
定年したら、またどこかで手に入れブン回したいなプアマンズディーノw。






e0026380_20162406.jpeg
e0026380_20164667.jpeg


by otokichi2005 | 2015-11-29 19:51 | GL1800 | Comments(0)
ビックスクーター
久し振りにGLでヨメとタンデムです。
自宅から15キロ程離れたお蕎麦屋さんまで、ランチクルーズ。
ギアをトップに入れたらあとはやることなしのスクーター。
タンデム以外は、つまらなくて乗る気が湧いてこないのです。





e0026380_09421200.jpeg
e0026380_09423186.jpeg
e0026380_09424994.jpeg




by otokichi2005 | 2015-11-22 09:35 | GL1800 | Comments(4)
夢のプータロー
あと500日を切りました。
果たしてゴールにたどり着けるやら。
気持ちは毎日同じで、明日で辞めてやると思いつつも朝起きて気づくと電車に乗ってます。
早くプータローになりたい。
e0026380_06222805.png

by otokichi2005 | 2015-11-18 06:19 | その他 | Comments(0)
アルチューロ中毒
土曜日が雨で、今日も朝から雨。
とりあえずは息子に作らせたトリップノブを差込みリセットダイヤルの修理完了。
あまりに出来栄えがいいので、純正品はキャンセルしようか思案中です。
小雨降る中、せめてVツインのサウンドだけもと思いガレージの中で空吹かしを繰り返します。
多分近所迷惑なことでしょうが、OHV2バルブのくせして回りたがりのエンジンなので4〜5千回転までレーシングしちゃいます。
てなことで昼過ぎまで撫で回していたら晴れ間が出てきたので革パン履いてスタンバイ。
路面が半乾きになった頃を見計らってGO!
目指す市原SAまでは、タコメーターの針を5千回転前後において空いた館山道をフラットアウトします。
流石に市原SAはオートバイがいませんが、いつも通りの房総にまた一週間がんばれそうです。

e0026380_17365118.jpeg
e0026380_17385844.jpeg
e0026380_17391355.jpeg

by otokichi2005 | 2015-11-15 17:36 | マーニ | Comments(0)
マーニ・アルチューロとは
マーニとは?
元MV(メカニカ・バケーラ)のチーフメカで、1960年代にGPレース350と500ccクラスにおいてジャコモ・アゴスチーニがチャンピンオンを取りまくっていた時代のチーフメカニックです。
つまりMVの会長ドメニコ・アグスタ伯の秘蔵っ子でした。
MVがGPレースから撤退するのと時期を合わせるように自身の会社を興してやがていろんなメーカーのエンジンを使ってコンプリートマシンを作ろようになったのですが、モトグッチのエンジンに惚れ込んだようで使うエンジンはワンメークになりました。
私のアルチューロはその初期の車種で、自身のファーストネームを付けるくらいだから相当満足な一台だったんでしょう。
マーニのエンブレムには、ライダーがコーナリングしている図がありますが、ゼッケン1番にヘルメットのラインからアゴスチーニをモデルにしていることは明らかです。
そんな訳で、私のアルチューロのシートカウルには以前のオーナーさんがMVアグスタのステッカーをはっています。
いずれにしても貴重な一台を手に入れることができました。
1990年前後の当時国内に一体どれだけのアルチューロが入ってきたかは分かりませんが、現在市場では一台の中古も流通していませんから二度と手に入れる事は不可能でしょう。
大事に乗っていこうと思います。
e0026380_20034625.jpeg
e0026380_20041342.jpeg
そして何よりイタリアンなパーツで構成されているところがたまりません。
ビタローニのミラー
ブレンボのキャリパーとローター
フォルセラのフロントフォーク
ビバ、イタリアーノ

e0026380_20045699.jpeg
e0026380_20051813.jpeg

by otokichi2005 | 2015-11-11 20:02 | マーニ | Comments(0)
マーニ三昧
7月に手元に来たマーニ、乗り出した当初はエライもの買っちまったと少し後悔したのですが、気がつけばマーニばかり乗り回して、4カ月で2,000キロ以上乗ってます。
クラウチングポジションも身体が慣れてきたのかさほど辛くなく、むしろ一体感に満たされるポジションです。
さて、昨日も半日走り回りお家に帰ったならば。
あーっ!トリップのツマミがない。
振動で緩んで飛んで行ったようです。
こんな部品はないんだろうなと思いつつも、かつての輸入元である福田モータースに問い合わせたところ、ありがたいことにストックがあるとの事でとりあえず注文しておきました。
しかし、どうせまた飛んでなくなるであろうから部品を取り寄せてもあえて使わず代用品を作って使うことにしました。
もちろん私にはそんな技量は無いので、自称モデラーの息子に頼みましたが、ネジ一本外すのも面倒な私ですから本当に助かります。
e0026380_19172033.jpeg
e0026380_19174309.jpeg
e0026380_19182859.jpeg

by otokichi2005 | 2015-11-08 18:52 | マーニ | Comments(0)
トンネルはTXのコンサートホール
休みといえばオートバイを乗りまくっています。
今日も乗りまくりました。
今日の楽器は?バーチカルなサウンドを撒き散らすTXです。
向かった先は相も変わらず館山道で、高速から下りることなく高滝湖PAオートバイ専用Uターン路?を使って半ループしてきました。
何故高滝湖でUターンするか。
それは、圏央道に入るとトンネルが幾つかあってTXのサウンドを楽しめるのです。
3千回転前後でアクセスを開け閉めすると、トンネルの中はバーチカルなサウンドで満たされます。
41年前に作られたヤマハの楽器は、時を越えて素晴らしいサウンドを聴かせてくれました。
マーニも面白い、GLは楽チン、けれど多分最後まで持ち続けるのはTXのような気がします。
TX最高‼︎
で、帰ってから気になっていたブレーキフルードの交換をしたのですが、真っ黒なフルードにビックリしました。
e0026380_19231874.jpeg
e0026380_19240207.jpeg
e0026380_19243731.jpeg
e0026380_19245919.jpeg
e0026380_19254450.jpeg

by otokichi2005 | 2015-11-03 18:57 | TX650 | Comments(0)
リコールだってさ
GLのセカンドマスターシリンダーとかが不良だそうで交換してくれるそうです。
そろそろフルードの交換しなきゃと思っていた矢先得しちゃいました。

e0026380_17523184.jpeg

そして今日も一人で房総の田舎道をマーニで自主トレ。
帰りの市原SAでは先週一緒に走ったH2氏と遭遇。
同じ道走っていたんだって、気づかなかったw
何度見てもH2凄すぎる‼︎
e0026380_16481465.jpeg
e0026380_16485011.jpeg
電子制御のステダン‼︎
e0026380_16494748.jpeg
350パイのローターにラジアルマウントブレンボ‼︎
e0026380_16514321.jpeg
W1S以来の川崎重工のマーク‼︎
宝クジが当たったら置物として欲しい。

by otokichi2005 | 2015-11-01 16:40 | その他 | Comments(0)