自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<   2013年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
鰹節
昨日、自宅まであと少しという所で突然のエンジン不調に見舞われました。
多分電機系、コイルではないかと思います。
またしばらくは工場入りで留守となります。
夜中に引き取りに来るので、それまで磨いて待ちます。
磨く度に感じることに、この時代のオートバイは本当に鉄とアルミだけでできているんだなと感心します。
そして、鉄はクロームメッキと塗り物に別れていますが、そのどれもが高い質感を持っているのです。
中でもTXのセールスポイントが、ステー付きのフロントフェンダーとⅠ型特有の「鰹節マフラー」ではないでしょうか。
エキパイから少し跳ね上げ、また角度を緩めて後方に伸び、最後はキュッと絞り込む絶妙なライン。
包茎チンポコのようなデザインは、まさしくヤマハならではのものです。?
はたして元気になって戻ってくるのか、頼むぞ同窓生。

メッキパーツは夜磨くと艶めかしい程の艶を感じさせます。
e0026380_22482964.jpg
耕運機のようにワイドなプルバックハンドル
e0026380_22484780.jpg
微妙な角度の折れ曲がりと絞り
e0026380_22485910.jpg
超スリム
e0026380_224913100.jpg
TXサイコー!
by otokichi2005 | 2013-09-09 22:49 | TX650 | Comments(0)
Grand Prix
曇り空を眺めながら、行こうか行くまいか悩みました。
結果、とりあえず行っちゃえ。
2週間前にGLで吹っ飛ばした房総の里山を、今日はTXでぶっ飛んできました。
気分はマーロンブランド・The Wild One
とにかく開けて開けて、スロットルがねじ切れるほど開けて無法の限りを尽くして走り回ってきました。
しか~し、ならず者に天罰が下されてしまったのです。
トリップが200キロを指した時、ガス欠を起したのでコックをリザーブ切り替え走行。
私の予想では、2リッターは残っているだろうからブン回してもリッター15キロで30キロ以上は走ってくれるだろうと踏んでいたのです。
ところが、リザーブに切り替えて僅か20キロ程でエンジンがプスプス。
完全なるガス欠でタンクは正に空ケツ状態。
国道走行中とはいえ田舎の集落あたりじゃガススタなんてありっこなし。
たまたま通りかかったお巡りさんに一番近いガススタを聞いたなら、4・5キロ先の国道沿いまで無いとのこと。
まさかこんなところでオートバイを押して歩くとは。
結局押すこと2時間!!
4キロの道のりを完走しタンクを満タン。
無事に帰りつくことができましたが、基本中の基本リザーブなったらすぐ入れろを再認識させられました。
また、TXのリザーブは意外と少ない設定であることも分かりました。
トータル290キロで19リッター消費。
リッター15キロちょいの結果でしたが、気持ちよくブン回したのでこんなもんかなといったところです。
e0026380_226967.jpg
e0026380_22604.jpg
e0026380_2212158.jpg
エンジン掛からなきゃ鉄の塊。約500メートルに及ぶ上り坂で休憩中、サーモスに入れた麦茶が命の水となりました。
e0026380_2264783.jpg

by otokichi2005 | 2013-09-08 22:02 | TX650 | Comments(2)
TX活用法
まずは隣り街の床屋までの足で使います。
以前はCT110の役目でしたが、場所を取らないMOTOとなるとTXの出番です。
そして、10キロほど離れたホームセンターまでペットシーツの買い出しに使います。
積載能力は劣りますが、行き帰りの快楽を提供してくれます。
あと少しでクソ暑い夏が終わります。
GLでロングなディスタンスは勿論ですが、TXのバーチカルなサウンド撒き散らし、里山を踏み荒らしてみたい気分になってきました。
e0026380_20582469.jpg
e0026380_2059381.jpg

by otokichi2005 | 2013-09-04 20:58 | TX650 | Comments(0)