自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
<   2013年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
等間隔爆発(スクリーマーエンジン?)
アイドルはイマイチですが、回せば十分パワフル。
乗っている時は感じませんが、後から指先がジンジンしてきます。
360度クランクなのに回りたがりエンジンです。

by otokichi2005 | 2013-02-28 23:57 | TX650 | Comments(0)
ReBORN
修理に出した日を忘れるくらい時間の経過があります。
つい最近までは、売り飛ばしてポルシェの夏タイヤ代にでもしようか本気で考えていました。
そんな忘れた頃に、「直ったよ」と彼から連絡が入りました。
今回の修理で、キャブレター内部パーツの交換やクラッチハウジングの修正等をやってもらいましたが、やはりキャブレターだけは本体に若干の問題があるようで、完璧なレベルまではいかなかったとのことでした。
それでも、以前に比べれば十分にバーチカルなサウンドでアイドリングするようになったので不満はありません。
これ以上の完璧を求めるならば、今時のインジェクション新車に乗るしかないでしょう。
初年度登録が昭和49年4月のポンコツは、間もなく39歳!動いているだけで十分です。
それでも、帰り道いつもの農免道路では、オー・ルージュを下り?右手をちぎれるほど捻ったなら、7千5百回転から始まるレッドゾーンに飛び込もうとする勢いがありますから、53頭の馬は無駄に飼葉を食ってはいないようです。
そんな訳で、ポルシェのタイヤは当初予定していたミシュランやコンチはボツ。第三国wの安いタイヤに決定。
e0026380_188643.jpg

by otokichi2005 | 2013-02-23 18:09 | TX650 | Comments(0)
急速充電
朝起きたら、刑期満了カウントダウンモニターが残り1500日のキリ番となっていました。
待ち遠しい気持ちとは裏腹に、その日をもってプータローの不安を感じる今日この頃です。
あ~、小市民。
e0026380_1504481.jpg
とりあえず、しばらく乗っていないGLに電気を供給するため、高速IC二つ先のラーメンやさんまで急速充電してきました。
e0026380_151429.jpg
少し汚れた車体をぞうきん掛けで掃除します。
e0026380_1512020.jpg
威風堂々、立派、旦那、1103。
e0026380_1513196.jpg
1年経過して7千キロ弱走行しました。
去年の今頃は嬉しくてそこいらじゅう乗り回していたのですが、初期の興奮が収まったら寒くて乗る気が湧きません。
寒いの大嫌い。
e0026380_151436.jpg
一日の締めはカレラ。
となりの車が大きく見えます。
e0026380_17172211.jpg

by otokichi2005 | 2013-02-20 15:01 | GL1800 | Comments(0)
♪ 梅は咲いたか 桜はまだかいな 
梅園の梅は満開です。
e0026380_21334669.jpg
なんと、桜は散り始めています。
e0026380_21335945.jpg
夕暮れの印旛沼からは富士山がくっきりと。
e0026380_2134117.jpg

by otokichi2005 | 2013-02-13 21:36 | ジーノ | Comments(0)
ワックス掛け
整備記録として記事にしておきます。
去年は一回掛けた記憶があります。
いつもガソリンスタンドの洗車機でポリマー洗車をして終わらせるのですが、たまにはワックス掛けてみます。
日頃から洗車機のブラシでゴシゴシと洗っているので、水垢はほとんど付いていないようです。
見違えるように綺麗になりました。

ワックスの塗り方に性格が表れます。
面倒くさ!
e0026380_20471070.jpg
ホームセンターまでお散歩しました。
艶々ピカピカ!!
e0026380_22555771.jpg
ついでに、近くにあるバイク屋さんを覗きます。
TXは・・・まだ手を付けていないようです。
そろそろお願いしますね。
e0026380_20474551.jpg

by otokichi2005 | 2013-02-08 20:50 | オイル交換、メンテ | Comments(0)
燃え尽き症候群
9時半に開演し、深夜0時半にお開き。
大人のコンサートは大いに盛り上がり満たされました。
私は特にユーミンのファンではありません。
ただヨメサンに付き合っているだけなんです。
けれど、もう何回コンサートに行ったでしょうか、すっかり感化されてしまいました。
還暦を迎えたユーミンは、あと何年苗場に来れるかわかりません。
けれども、このコンサートがある限り、マリタイムブルーなカレラで苗場に通うことになるでしょう。
燃えカスとなり炭化したジジババは、すでに来年に向けた決意を新たにしたのでした。

昨日の三国トンネル
e0026380_2050044.jpg
そして新潟側は除雪してました
e0026380_2050531.jpg
闇夜に映えるマリタイム・ブルー(自画自賛w)
e0026380_20502044.jpg
サーフ&スノー
e0026380_20502724.jpg
今日は快晴です
e0026380_2050431.jpg
トンネル抜けた群馬県側で記念撮影
e0026380_20504939.jpg
月夜野ICから関越入り
e0026380_2051663.jpg
高坂SA
e0026380_20511555.jpg
たいへんよく汚しました
e0026380_20513533.jpg
しみったれた安全運転の証w
e0026380_20514627.jpg

by otokichi2005 | 2013-02-07 20:51 | 996carrera | Comments(0)
雪のチェリニ峠(嘘)
関越道の月夜野アウト、国道17号線で三国峠を目指します。
スタッドレスタイヤでも滑るものは滑ります。
横滑り警告灯を度々点灯させながら峠のトンネルを抜けて新潟入りしました。
今年もやってまいりましたユーミン苗場コンサート。
昨年泊まったオーベルジュは、なんと年末に火災で全焼してしまい、今年はコンサート会場である苗場プリンスに宿をとりました。
ホテルの裏口を出れば、そこは苗場のゲレンデが広がっています。
しかし、スキーはしません。
とりあえず中級コースを下りてくる位のことはできていたのですが、滑っているスキーヤーやボーダーを見ていても何もときめくものがないのです。
最後にブーツへ足を入れたのが10年位まえでしたか、その時もリフト券11回の回数券を使い切らなかった記憶があります。
歳をとりました。
ジジイとババアばかりのコンサートで精力使い果たしてきます。
e0026380_191354.jpg
e0026380_19162750.jpg

by otokichi2005 | 2013-02-06 16:46 | 996carrera | Comments(2)
軽い細いにゃ敵わない
ライダー含めた総重量は、約3分の1に近い軽量。
コーナーが続くと、ついて行くのは容易ではありません。
セローは偉大な?オートバイでした。w

by otokichi2005 | 2013-02-04 22:24 | GL1800 | Comments(0)
機能維持走行

by otokichi2005 | 2013-02-01 23:43 | GL1800 | Comments(0)