自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ:996carrera( 226 )
19万キロ
衝動買いから9年半、年間走行距離は平均1万キロ。
最初のオーナーさんが走った9万5千キロにようやく並ぶことができた。
購入時は乗り心地の良さに感心したけれど、今ではすっかりガタピシになってしまった。
ありがたいことにエンジンはとても元気で、今日も伊豆の山道で止むを得ず1速でレブる程のフル加速をしてしまったけれど、まるでリッターバイクのような加速Gを体験できた。
足腰ガタガタなのに心臓だけはすこぶる元気。
車が逝くかオーナーが逝くか、マッチレースは続く。
次なる目標は、距離ではなく乗り続けて古希を迎えること。
そして、高齢運転者標識をペタペタ貼り付けてぶっ飛ばすこと。
そのためには、免許の取り消しを受けないことと、何より生きていること。
e0026380_16454915.jpeg
e0026380_16462153.jpeg
e0026380_16464251.jpeg
e0026380_16470058.jpeg


by otokichi2005 | 2017-12-03 16:23 | 996carrera | Comments(2)
サウンドチューン
カレラに乗っていて唯一不満なのが音、つまりサウンド。
ドカポルが最高のサウンドと認めるのは、ディーノ65度V6サウンドのみ。
同じV6(180度V?)なんだから、もうちょっとイイ音してもいいじゃないかと思うのだけれど全く違う。
その訳を考察すると、多分180度はシリンダー数(勿論偶数)に関係なく等間隔爆発しているのではないかと。
例えばBMWフラットツインに乗っていた時に感じたのが、等間隔で爆発するエンジンは、回転数に関係なく音は一本調子で弾けるフィーリングが全くなく、だから6発あっても同じなんだろうなと。
けれどYouTubeでニュルを走るGT3レーシングの車内音は吸気音が最高にイイ音している。
ならば、少しでも吸気音が車内に侵入してくるようにとえあだくとを外してみたんです。
その結果は、外したからの違いをあまり感じることはができず。
カップカーのサウンドは、一切の遮音材がなくエアクリも無いからなんだろう。
けれどもイイ音を考察していくと、インテークマニホールドはスロットルバルブまで独立していること。(だからキャブはイイ)
エアクリケースは樹脂ではなく薄っぺらな鉄板であること。
エンジンルームとキャビンが遮音材が介在しないこと。
そして180度、つまり水平対向エンジンはダメ!
と、この根拠ない持論を踏まえた上で、やるだけ無駄と思いつつもカレラのサウンドチューンを実施。
その内容は、エアクリからボディー外側にに繋がるダクトを外して可能な限りエンジンルーム内で吸気爆音を響かせる。
リアシートを倒して壁をなくす。
しかし、予想通りほとんど変わりなく、バタフライバルブを全開にしてカムが高速側に切り替わると少し音量が増すかなという程度。
やはりイイ音を聴けるのは、成功した者だけの特権なんだな。
e0026380_20372525.jpeg
e0026380_20373884.jpeg
e0026380_20375158.jpeg




by otokichi2005 | 2017-11-30 19:28 | 996carrera | Comments(0)
カレラの健康診断
e0026380_20343443.jpeg
e0026380_20345089.jpeg
e0026380_20350352.jpeg
e0026380_20351362.jpeg
ポルシェジャパンからダイレクトメールが届き、あなたのカレラを診断してあげるから近くのポルシェセンターにお出でなさいと。
しかも、ポルシェが純正しているモービル1オイルを1リットルあげるよと。
このオイルにつられて行ってきました「ポルシェセンター千葉」まで。
検査結果は、テスター検査異常なし。
けれど、予想通りブレーキローターとパッドは交換時期間近。
更にオイルレベルが下限近くでエアフィルターも汚れが目立ち交換したほうがいいよと。
オイルレベルはメーターのインジケーターで減りがわかるように少なめにしていたので想定内。
エアフィルターは6万キロは交換しておらず、そろそろ交換しなきゃと考えていたのでこれまた想定内。
検査結果を受けてエアフィルターだけ部品として購入しショップを後にしました。
ちなみに、スポーツエキゾーストを部品で取れるか聞いたら、間髪おかずに996はもうありませんとつれない返事でした。
あったとしても、べらぼうな値段で買えるわけないけれど、買いたくても買えないのは悲しい。
ついでに愚痴ると、オイルは在庫がないからそのうち連絡するので取りに来てだって。
ちょっと騙された気分。



by otokichi2005 | 2017-10-17 20:16 | 996carrera | Comments(0)
クソ寒い
秋雨前線活発。
TXを少しいじってみたけれど、状況変わらず。
タイミングかキャブなのか?
この天気で整備する気持ちも湧かず。
気晴らしにカレラの充電走行。
ポルシェスポーツエキゾースト、PSEが欲しいな。
e0026380_22371947.jpg

e0026380_22372038.jpg


by otokichi2005 | 2017-10-16 22:24 | 996carrera | Comments(0)
木更津ラーメン
いつものラーメン食べた。
お腹が一杯になったら絶景ポイントに。
だんだんと行動半径が小さくなっています。
マニュアルシフトは楽しいけど、もう少し楽な車がいいな。
見慣れた景色が安心安全?
しかし、カレラのガタピシ度合いはそろそろ限界かな。
目標の20万キロまで1万キロちょい。
壊れないでくれー。
e0026380_20250847.jpg

e0026380_20250980.jpg

e0026380_20251081.jpg

e0026380_20251194.jpg

e0026380_20251297.jpg


by otokichi2005 | 2017-10-07 20:16 | 996carrera | Comments(0)
完走
マリタイムブルー号が我が家に来て10周年の二泊三日の記念日旅行は無事に終了しました。
三日間の総走行距離は950キロで気になる燃費も13km/Lとまずますの結果。
エコランはしないけど、追い越し車線も走らないという順法走行に徹したら数字が付いてきました。
今回のツーリングは、名勝旧跡などの観光地は一切寄らずで宿に直行し温泉浸かって美味しいものを食べるだけでしたが、とても記憶に残る旅となりました。
それは初日の仙台に向かう常磐自動車道で感じたのです。
東日本大震災から6年半経過していますが、津波の被害は地震直後に仙台入りして未曾有の災害を実感していました。
ただ、福島第一原発事故は報道でしか知ることがなかったのです。
いわきJCTを過ぎると放射線量の電光表示板が現れ、国道6号線は富岡から南相馬まで二輪車の通過はできないとの警告板が目立ちます。
やがて車を進めていくと周りの風景に違和感を感じ始めました。
住宅が立ち並ぶ街、集落、そして田畑。
何かが違うことに気付くまで時間はかかりませんでした。
人がいない。
時折見かけるのはダンプカーか重機を積んだトラックだけ。
田畑は荒れ放題で、家屋に人影は見られず。
そんな光景が10キロほど続き複雑な気持ちになりました。
原発の是非を語る事はしませんが、自分が住む地域周辺には作らないでというエゴな考えが湧いてきたのも事実です。
e0026380_19380277.jpg
e0026380_19390583.jpg
e0026380_19393223.jpg
e0026380_19395295.jpg



by otokichi2005 | 2017-09-18 18:31 | 996carrera | Comments(0)
8の五並び

東北旅行中、カレラのオドメーターに8が沢山並んだ。

あと1,112キロで、この車の前オーナーが刻んだ距離に並べる。


e0026380_23075302.jpg


by otokichi2005 | 2017-09-17 23:06 | 996carrera | Comments(0)
艶ピカ
e0026380_19174274.jpg
e0026380_19180559.jpg

三日後に迫った結婚記念日温泉旅行に備えて旅のツールを磨きます。


手元に来て9年9万キロ以上。


この間手洗いワックス掛けは両手両足の指で足りちゃうくらいしかなく、月に一度近くのガスステーションで機械のポリマー洗車。


そのせいかボディー表面をよく見ると無数の線キズだらけ。


でもいいんです、5メートル離れて見ればキズは見えずに艶ピカ。


しかも回転ブラシでゴシゴシ洗うので水垢なし。w


クルマが潰れるか、乗り手が潰れるか、マッチレースは続くのです。


by otokichi2005 | 2017-09-13 19:13 | 996carrera | Comments(0)
北茨城SSレッキ
4・5年前に走った北茨城のグリーンふるさとラインをオートバイで走ってみたい。
しかし、ただでさえ物忘れがひどいのに、年月が経ちすぎてツーリングマップル見ても記憶が全く戻らないのです。
そこで、雨降ってやることもないのでスマホナビとアバウトなツーリングマップルを携えてビーフラインとグリーンふるさとラインのレッキ(試走)実施。
とりあえず北関東道友部ICで降りてビーフの笠間側入口を探すけど一苦労。
なんとかスタート地点を探し出し、物産センター山桜までは辿り着くことができたのですが、その先が未知の道?正確には忘却の道。
途中の案内表示はビーフだとかふるさとラインとかコロコロ変わるし。
それでもR349からR461は見慣れた?ルートで走ることができました。
高萩ICから自宅最寄の佐倉ICまで渋滞もなく無事帰宅し本日のレッキ終了。
TXが治ったらクソ寒くなる前に走りに行ってみよっと。
e0026380_18400545.jpg
e0026380_18592221.png
e0026380_18593647.jpg

by otokichi2005 | 2017-09-12 18:16 | 996carrera | Comments(0)
カレラも機能維持走行
記録的な雨が続く今日、流石にオートバイ乗る根性はなし。
15年落ち、19万キロの996カレラを無駄に走らせストレス発散。
タコメーターの針を3千回転以上にすると、それはもう快楽の一言で表せる世界に。
腐ってもポルシェ!
速い。
e0026380_00483602.jpg
e0026380_00484910.jpg


by otokichi2005 | 2017-08-16 23:23 | 996carrera | Comments(0)