自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ:TX650( 112 )
真夏の前の夜の夢(妄想)
手に入れたTX650中古パーツ一台分の使い道をあれこれと考えています。
手に入れた時は、殆ど全部揃ったオートバイの形をしている、しかも新車から保有しているワンオーナー車ということで、セコく再登録に挑戦しようかとも考えました。
しかし、粗大ゴミで放置していた鉄クズの書類などが残っているはずもありません。
30年前に職権抹消されたというので陸事に問い合わせても一切のデータは残っていないとのこと。
登録が100ぱーせんと不可能ではないようですが、そもそもオートバイにしてしまったらストックパーツの意味がないことに気づき断念しました。
てなことで、今動かしているTXの着せ替え用、あるいは載せ替え用として活用することにしました。
まずはタンク、サイドカバー、ライトケース、ステーをリペイントして見た目のカスタムに挑戦してみようかと。
構想(妄想)では、ヤマハインターカラーに塗りたくって換装。
イメージは、SR400の60'アニバーサリーモデル。
完成時期は当然未定で、気が向いたら着手します。
e0026380_16112129.jpeg
けど、インターカラーってなんか自分の頭の中にあるヤマハのイメージと違うな。
ヤマハといえばTZ、そしてヤーノサーリネン。
やっぱりこれでいこう。
これをTXでいこう。
自分だけ分かればOKなカスタム。
カウルがないのにどうすっか⁇
e0026380_19094831.jpg

e0026380_19094972.jpg






by otokichi2005 | 2016-06-25 15:42 | TX650 | Comments(0)
スペアパーツ大人買い
40年程前に作られたヤマハTX650。
乗れば壊れるすり減るパーツを交換しようと思い、お店で部品を注文すると、それもこれもありません。
てなことで、中古パーツでもいいからストックしておければなーっと考えていたら、一台分丸々手に入れることができました。
事の発端は、近所のヤマハディラーへTXパーツの注文に行ったら、居合わせたお客さんの一言。
うちの隣のオヤジが30年くらい納屋にTX650を放置してるよ。
これは聞きづてならず仲介をお願いして引き取らせてもらいました。
捨てるのも面倒で30年くらい納屋に放置されていたその個体は、見た目泥まみれで想像通りでありました。
しかし、40年前に新車で購入したというワンオーナー車は❗️、走行距離が1万キロを超えた程度で、記憶にある限りセルの空回りはなかったと言いますから期待できます。
型こそ1型2型の違いがあるものの、キロ150円で手に入れたスペアパーツとしては十分なものがあります。
さて、これをスペアパーツで終わらせてしまうか、レストアして登録しちゃおうか悩ましいところです。
それにしても、こんな事があったらなーと妄想していた事が現実になるとは。
e0026380_21120612.jpeg
e0026380_21125206.jpeg
e0026380_21131404.jpeg
e0026380_21141161.jpeg

by otokichi2005 | 2016-06-23 20:39 | TX650 | Comments(2)
ヤマハの金管楽器
サウンド オブ ミュージック

42年の時を重ねて奏でるサウンド。
いつまでも走り続けたい。
この音に浸り続けたい。
e0026380_17064255.jpeg
e0026380_17070694.jpeg
e0026380_17073737.jpeg

by otokichi2005 | 2016-06-01 16:48 | TX650 | Comments(0)
刷込み(in printing))
昔から自分はホンダビリーバーだと自覚してきました。
確かにホンダは好きです。けどもしかしたら、もっと好きなのがヤマハなのかもしれません。
免許を取って 初めて買ってもらったオートバイがCB250EXで、その後ヤマハのミニトレGT80で高校卒業を迎えます。
中学生の時から毎月購読していたモーターサイクリストでも、ヤマハがグランプリでMVを始めとするヨーロッパの強豪メーカーに勝利する記事に興奮していました。
高校一年か二年の時に行った東京モーターショーヤマハのブースではスペシャルゲストが招かれていました。
そのゲストとは、GP250cc世界チャンピオンを取ったフライングフィン、ヤーノサーリネンです。
e0026380_22031184.jpeg
e0026380_22032938.jpeg
トークが終わった時サイン会が行われ、その時着ていたウィンドブレーカーにサインしてもらった記憶があります。
彼は翌年レース中の事故でこの世を去ってしまいましたが、ヤマハのTZには格別の思い入れがあります。
結局その後所有したヤマハはXS650スペシャルだけでしたが、40年近く経って手にしたヤマハTX650。
高校時代は新車で買えるわけなどなかったオートバイ。
それが今自分のものになっている喜び、そしてヤマハであること。
やっぱヤマハが好きなんだ。
あの時のサーリネン直筆サイン入りウィンドブレーカー着て走り回りたい。
何処にしまっちゃったんだろ。
e0026380_22560497.jpeg
TXの新車が!
と思ってよく見たらSRでした。
ヤマハがTX650を特別な位置づけとしているんでしょうね。
e0026380_23000084.jpeg

e0026380_12513241.jpeg
e0026380_12520215.jpeg
辰巳PAに並ぶ二台のTX初期型。

by otokichi2005 | 2016-05-28 22:19 | TX650 | Comments(0)
作動確認
TX650に余ったETCを取付け、高速で作動確認を実施。
機能には全く問題無かったのですが、別の問題も発生。
先ずは油圧式フロントブレーキスイッチが壊れ不点灯。
更に、6千回転でしばらく全開走行するとガス欠症状になってしまうこと。
ガス欠症状は遵法走行している限りあらわれないのですが、それができないから困ったものです。
ブレーキスイッチは点検の結果配線に問題無しでスイッチ本体の交換が必要と判断。
昭和49年製のポンコツはいつ何が起きても不思議ではありません。
だけど、いつ乗っても飽きることはないどころか興奮を覚えます。
こいつが壊れるか、自分が壊れるかデスマッチは続きます。w
e0026380_07373091.jpeg
酒々井ICまで二区間往復ツインサウンドを撒き散らしてきました。
e0026380_07375942.jpeg

by otokichi2005 | 2016-05-23 07:36 | TX650 | Comments(0)
ETC取付け
オートバイ用で一つ余っていたETCがあり、今まではマーニにバッテリー直結、走るたびにコネクターを抜き差しして使っていたところ、二輪車ETCのキャンペーンに乗っかりマーニには新品をおごることになり、それまで直結で使っていたETCをTX650に取付けてみました。
一番面倒なプラス配線はテールランプのスモール配線に結線。
しかし、この時代のオートバイは常時点灯ではないので、メインスイッチ二つ回して夜間走行モードでつかうか、ライトをオンにしなければ使えません。
本当はスイッチオンでプラス電気が通電するとこに結線するべきでしょうが、面倒な作業は大嫌いだし、走るときは必ずライトオンで走るのでOKです。
そしてETC本体の収納場所ですが、これまた細工をするのが面倒で何処か放り込めそうな場所を探していたら、ありましたありました。
ちょっと窮屈ですが左サイドカバーを開けるとポッカリと開いた穴、車載工具の収納場所です。
元々買った時から車載工具が備わっておらずドンガラだったので使い道ができました。
e0026380_21511442.jpeg
e0026380_19205551.jpeg
e0026380_19211576.jpeg

by otokichi2005 | 2016-05-20 18:44 | TX650 | Comments(0)
タイヤが決まらない
TX650のタイヤが交換時期を迎え、次は何を履こうかカタログ取り寄せたり現物見たり悩んでいます。
ネオクラシックなTXのルックスを壊さず、けれどもコーナリングで負けたくないし。今履いている擦り減らしたダンロップK70は、雰囲気だけは良い感じなのですが、少し深くバンクさせると腰がなくて安心感がありません。
しかし困ったことにTXのフロントタイヤサイズは3.50ー19というサイズで、選択肢が少ないから困ったものです。
3.25ー19や100/90ー19ならばいくらでもあるのですが、外径が8ミリくらい小さくなってしまうのが我慢できません。
いろいろと調べてメツラーのME77が亀甲パターンでルックスも気に入り、フロントタイヤも3.50ー19サイズがある事を知ったのですが、何故かお店のカタログには載っていません。メーカーサイトにはあるのに。(*`へ´*)
てなわけで、耐摩耗性は最低だけど当時のルックスを醸し出すk70でも良いかなという気分になってきました。
e0026380_22183230.jpg
e0026380_22290500.jpeg

by otokichi2005 | 2016-05-15 20:31 | TX650 | Comments(0)
小さな恋人💑
e0026380_21225590.jpg

TX650に小さな恋人乗っけて印旗沼一周。
背中にしがみつく彼女にw、楽しいかいと問えば、
とっても楽しい、大好きジィジ。
ヤマハの金管楽器が奏でるサウンドもかき消すとろける響き。
いくつになっても乗ってねベイビー❤️

by otokichi2005 | 2016-05-07 21:13 | TX650 | Comments(0)
全部乗っちゃった
暖かくなって朝からオートバイ乗りまくり。
まずはTX650の360度ツインサウンドで近所を50キロ。
続いてGLにヨメさん乗っけてお昼を食べに走ります。
隣町にライダーズカフェがあることを知り、ついでの高速走行。
お茶した後は、締めくくりにマーニでひとっ走り。
時間が許す限り走り続けたい。
e0026380_19152656.jpeg
オイル漏れは完全に止まりました。
e0026380_19261426.jpeg
e0026380_19165983.jpeg
無駄に走った酒々井PAはオートバイがいっぱい。
e0026380_19183836.jpeg
Zミーティング?
マークⅡ欲しい。
e0026380_19194767.jpeg
ライダーズカフェS garage
e0026380_19221889.jpeg
締めくくりはVツインをブン回します。
ゼッコーチョー!


by otokichi2005 | 2016-05-03 18:59 | TX650 | Comments(0)
オイル漏れは止まった?
TX650のオイル漏れは、ドライブスプロケットセンターロックボルト増し締めだけで止まったかも。
TXパーツを数多く扱うアールプロの整備マニュアル通りスカスカに緩んでいたロックボルトを増し締めして2・300キロ走ったところ、しばらくはチェーンにタップリと付いていたオイルが飛び散りましたが、その後ナンバープレート裏側の飛沫は増えてきません。
まだ連続して高速走行はしていないので確実ではないのですが、以前のようなジャジャ漏れ状態はなくなったようです。
けれども、シリンダーヘッドにつながるブリーザーパイプからは相変わらず一滴二滴垂れるので、キャッチタンクのような物を付けなければと考えています。
それにしても音の調律をしたらブチブチと弾けるサウンドが癖になってしまい、休みの度に近所の爆音暴走がやめられなくなってしまいました。
絞りハンドルに朝日風防付けて、一人旧車會やっちゃおうかな。
e0026380_18394150.jpeg
e0026380_18400108.jpeg

by otokichi2005 | 2016-04-30 18:19 | TX650 | Comments(0)