自分大好き60歳
by otokichi2005
カテゴリ:TX650( 109 )
ReBORN
修理に出した日を忘れるくらい時間の経過があります。
つい最近までは、売り飛ばしてポルシェの夏タイヤ代にでもしようか本気で考えていました。
そんな忘れた頃に、「直ったよ」と彼から連絡が入りました。
今回の修理で、キャブレター内部パーツの交換やクラッチハウジングの修正等をやってもらいましたが、やはりキャブレターだけは本体に若干の問題があるようで、完璧なレベルまではいかなかったとのことでした。
それでも、以前に比べれば十分にバーチカルなサウンドでアイドリングするようになったので不満はありません。
これ以上の完璧を求めるならば、今時のインジェクション新車に乗るしかないでしょう。
初年度登録が昭和49年4月のポンコツは、間もなく39歳!動いているだけで十分です。
それでも、帰り道いつもの農免道路では、オー・ルージュを下り?右手をちぎれるほど捻ったなら、7千5百回転から始まるレッドゾーンに飛び込もうとする勢いがありますから、53頭の馬は無駄に飼葉を食ってはいないようです。
そんな訳で、ポルシェのタイヤは当初予定していたミシュランやコンチはボツ。第三国wの安いタイヤに決定。
e0026380_188643.jpg

by otokichi2005 | 2013-02-23 18:09 | TX650 | Comments(0)
キャブがダメだ
今回はTXのキャブを取り外してOHの依頼をしました。
左右独立でリンクもステーもありませんから、単気筒のキャブ2個を外すのと同じです。
今回は中身をほとんど交換しますから、これでダメならキャブ本体を探さなければなりません。
いつものモータースに、また厄介な仕事をお願いしてきました。

作業は比較的しやすい方かも。
e0026380_17375069.jpg
フロート室に問題有り。
e0026380_1738121.jpg
シリンダーを真上から見ると、二気筒なのに丸い。
e0026380_17382359.jpg

by otokichi2005 | 2012-12-29 17:39 | TX650 | Comments(0)
音魂otodama
同調が取れない、どうちよう。w
まず考えられるのが、右側エアスクリューの穴詰まり。
そして次が、左パイロットジェットの穴詰まり。
TXのキャブは左右リンクされておらず、指でスロットルを別々に開くことができます。
右を開くとそれなりの爆発音で回転が上昇しますが、左はボボボボボって感じであまり回転が上がりません。
しかし、3~4千回転からはメインジェットの領域ですから、いかにもバーチカルツインらしい元気あふれるサウンドを奏でてくれます。
音が命のTX650
何としても、あの腸に沁み込むバリトンを復活させたいのです。
e0026380_17202068.jpg
e0026380_17211454.jpg

by otokichi2005 | 2012-12-26 17:22 | TX650 | Comments(2)
中華バッテリー
セロー用バッテリーを購入しました。
ポンコツに純正GSユアサはもったいないので、台湾ユアサバッテリーを購入しました。
価格は純正の2割位と超お買い得価格です。
しかし、中華バッテリーといえばすぐにダメになると評判です。
一応ユアサブランドですから、どれだけ持つか興味が湧くところです。
e0026380_21131398.jpg
e0026380_21133539.jpg

そしてもう一つ購入したものが、ヒート手袋です。
実は仕事用で購入を考えていたところ、ありがたいことに業務用担当車両がグリップヒーター付き最新モデルに変更となり必要ないかなと考えていたのですが、ヨメサンが手が寒くて冬の間はタンデムしたくないと言いだしたもので、それならば購入となった訳です。
左右それぞれにリチウムイオンバッテリーを装着して、最長7時間持つといううたい文句ですから日帰りツーリングには使えそうです。
e0026380_2142194.jpg

by otokichi2005 | 2012-12-05 21:13 | TX650 | Comments(2)
機能確認ちょい乗りTX
まだ少し同調にバラつきがあるようです。

by otokichi2005 | 2012-12-02 21:06 | TX650 | Comments(0)
タダより安いものは無いけれど
いただきもののバラバラセローは、プラモのようにコツコツと組み立てほぼ完成といったところです。
一番難儀したのがキャブ内部真鍮部品の腐食でしたが、かかりつけのモータースによってオーバーホールし何とかエンジン始動までこぎつけました。
あとはバッテリーを購入して登録すれば路上デヴューできます。
まだタラレバ状態ですが、機能点検を終えたならTXと二台でつるんで房総里山ツーリングに駆り出してみようと思います。

TXは左右スロットルの遊びを揃えたら排気音も均一になり、360度エンジンらしいブチブチサウンドになりました。
e0026380_21433547.jpg
4JGは使い勝手が良さそうです。
e0026380_21434352.jpg

by otokichi2005 | 2012-11-24 21:44 | TX650 | Comments(0)
復活
今から38年前の昭和49年4月に誕生したTX。
車検取得するも数キロ走ってゴミが詰まってショップ入りとなり、メカさんの手により左右共ガスフィルターを装備して復活しました。
ざっくりとキャブ調整はお願いしておいたのですが、左右の引きがずれていて、ごく低回転での排気音に差が出ます。
TXはスロットルから別々にワイヤーが出ており、調整も独立していますから暇みていじくってみようと思います。
帰りの県道10数キロはバーチカルツインを撒き散らしながら走ってきましたが、このモトは成りから想像するほど低回転にトルクはなく、スナッチはしませんが力強さを感じません。
意外な事に7千回転のリミットまでとは言いませんが、ブン回して乗った方がトルクを感じます。
そして何より強く感じたのが、スリムで驚くほどコンパクトな車体です。
跨った時に自分の視界に入る車体の細さは勿論のこと、振り回した時の操安性が自転車に乗っているかのような軽快感を感じることです。
以前乗っていた100GSも車体のデカさを考えれば十分に軽快な操安性を感じていましたが、TXは更に一枚も二枚も上手で、細く挟んだひざ下で全てができてしまう感じなのです。
HONDAのGLは400キロを超える体重を生かして岩のような操安性を感じさせてくれますが、YAMAHAのTXは半分以下の体重で倍以上の切れの良さを感じさせてくれるのです。
パーツは欠品だらけでまともな整備はできませんが、出来る限りのことをしてこのマシンが生まれた時の状態に近づけたらと思っています。
e0026380_23375124.jpg
e0026380_2337489.jpg
e0026380_23381485.jpg

by otokichi2005 | 2012-11-19 17:54 | TX650 | Comments(0)
確率
4泊5日のバカンスを終え無事家に帰りつきました。
病気でもなけりゃ怪我でもないのに入院生活は、周りの人には申し訳ないけれどとっても快適でした。
好きな時に寝て、好きな時に起きて何も考えることもなく、ただただ時間を消費する生活。
生きるか死ぬかで入りたくはありませんが、たまにはのんびりするにはうってつけの場所です。

さて、帰宅早々に夫婦バトルをしてしまいました。
バトルの元は夏休みの出来事です。
8月のクソ暑いとある日に、どかぽるは一族郎党引き連れて近所の市民プールへ安上がりな避暑に出かけたところ、水着に着替えプールに出たところでびっくり。
私のロッカー番号札とヨメのロッカー番号札が見事に一致していたのです。
男子女子それぞれ150個のロッカーがあったものですから、ヨメは150×150
=22,500分の1の奇跡だと大喜び。
私はそれに対してちょっと違うんじゃないの、この場合の確率は150分の1のことだよと言ったものですからその場でプチバトル。
その時はどうでもいいことと忘れていたのですが、入院中にこのことがフラッシュバックして退院のついでに口に出したものですからまたもや大論争になってしまったのです。
しまいには数字を書いたカードを作り同じ数字の出現率を検証するまでになってしまいました。
結局は、検証結果を踏まえていろいろと調べてみたら正解が判明したのですが、なまじな算数では大間違いをしてしまうということが分かりました。

さて、それでは問題です。
男女それぞれ150個の更衣室ロッカーを夫婦同じ番号で使う確率は何分の1でしょう。
ちなみに、夫婦仲が良いか悪いかは考慮しないこととします。www


退院して早速クーペを転がします。フロントグラスからルーフまで一つの曲線で繋がっていることが分かります。
e0026380_21421666.jpg
TXは予備検を取得し登録を待つだけですが、いくつかの問題が発生。
e0026380_21421446.jpg
入院中にF15イーグルが作れるようになりました。w
A4ペーパーからの折り紙で、はさみを一切入れてません。
e0026380_21425976.jpg

by otokichi2005 | 2012-11-09 21:43 | TX650 | Comments(0)
セロー
入院中に息子がシコシコ組み立てを進め、途中経過画像を送ってきました。
タイヤが付くとオートバイらしくなってきました。
また、車検で預けてあるTX650の状況も連絡を受けました。
クソ重いうえに切れの悪いクラッチは、クランクケースを貫通するロッドのベアリンググリス切れということで、ワイヤー交換も依頼してありますから期待していいでしょう。
e0026380_854344.jpg

by otokichi2005 | 2012-11-08 07:45 | TX650
ヘアヌード
夜勤の晩飯はヨメが作った弁当を食べます。
いつも手間をかけた弁当に感謝しています。
ただ、ときたまあっと驚くサプライズをしてくれるので気が抜けません。
昨夜の弁当は、18禁のアダルト弁当でありました。。
同僚からは大ウケですが、どこに箸を突っ込めばいいのか悩みます。
とりあえず、ちりめんじゃこのアソコにブスッと突っ込みほうばります。
想像が更に味わいを深めます。
次は何を仕掛けてくるのか、ふたを開ける楽しみが増しました。
e0026380_20374520.jpg

今日は預けたTXを見に行きました。
来月上旬には車検をお願いしておきましたから楽しみです。
e0026380_2045534.jpg
e0026380_20461022.jpg

ツーバレルがよくわかる画像です。
隣りに映るキャリパーは、ジーナナと35フォアです。
e0026380_20495730.jpg

by otokichi2005 | 2012-10-26 20:34 | TX650 | Comments(0)