自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:TX650( 119 )
まっ、こんなもんでしょ
左右の音に違いがあるのは、どうやらマフラーの違いにあるようです。
けれども、ロードが掛かっていれば気になる事もないのでよしとします。
1974年製で39歳!!。
動いてくれるだけでありがたいことです。

ところで、どかぽるのマイブーム、この音に似ている。www
by otokichi2005 | 2013-10-02 21:07 | TX650 | Comments(0)
今度こそ直ったかな?
先月中旬に、息子と連れだって房総ツーリングしようと自宅を出た途端、エンジン不調に見舞われたTX号ですが、10日振りに修理完了して戻ってきました。
不調の原因は、パイロットジェットの詰まりだったそうです。
どうやらその前、タンク空ケツリザーブも使い果たしたガス欠の時、タンクの底部に残っていた小さなゴミがフィルターをすり抜けてフロート室に溜まってしまったようです。
今回は、ついでにキャブ調整を更に入念に取ってもらったので、今までで最高のバーチカルサウンドを撒き散らしてくれるようになりました。
この10日間で一気に秋に突入した感じがありますが、走り回るにはちょうどいい季節の到来ですから房総リベンジツーリングをしなければなりません。
それにしても、いい音。
空冷エンジンンはこうでなくちゃ。003.gif

オヤジも頭を抱える不調の原因でしたが、見事解決してくれました。
e0026380_18541140.jpg
どかぽるTXは左右でマフラーが違うことを発見。
e0026380_18542922.jpg
けれど大した問題はないので無視。
e0026380_18544179.jpg
ガス入れて、爆音撒き散らしながら帰路につきます。
んー、なんてワイルド
50・60喜んで~w
e0026380_18545385.jpg

by otokichi2005 | 2013-10-01 18:55 | TX650 | Comments(1)
鰹節
昨日、自宅まであと少しという所で突然のエンジン不調に見舞われました。
多分電機系、コイルではないかと思います。
またしばらくは工場入りで留守となります。
夜中に引き取りに来るので、それまで磨いて待ちます。
磨く度に感じることに、この時代のオートバイは本当に鉄とアルミだけでできているんだなと感心します。
そして、鉄はクロームメッキと塗り物に別れていますが、そのどれもが高い質感を持っているのです。
中でもTXのセールスポイントが、ステー付きのフロントフェンダーとⅠ型特有の「鰹節マフラー」ではないでしょうか。
エキパイから少し跳ね上げ、また角度を緩めて後方に伸び、最後はキュッと絞り込む絶妙なライン。
包茎チンポコのようなデザインは、まさしくヤマハならではのものです。?
はたして元気になって戻ってくるのか、頼むぞ同窓生。

メッキパーツは夜磨くと艶めかしい程の艶を感じさせます。
e0026380_22482964.jpg
耕運機のようにワイドなプルバックハンドル
e0026380_22484780.jpg
微妙な角度の折れ曲がりと絞り
e0026380_22485910.jpg
超スリム
e0026380_224913100.jpg
TXサイコー!
by otokichi2005 | 2013-09-09 22:49 | TX650 | Comments(0)
Grand Prix
曇り空を眺めながら、行こうか行くまいか悩みました。
結果、とりあえず行っちゃえ。
2週間前にGLで吹っ飛ばした房総の里山を、今日はTXでぶっ飛んできました。
気分はマーロンブランド・The Wild One
とにかく開けて開けて、スロットルがねじ切れるほど開けて無法の限りを尽くして走り回ってきました。
しか~し、ならず者に天罰が下されてしまったのです。
トリップが200キロを指した時、ガス欠を起したのでコックをリザーブ切り替え走行。
私の予想では、2リッターは残っているだろうからブン回してもリッター15キロで30キロ以上は走ってくれるだろうと踏んでいたのです。
ところが、リザーブに切り替えて僅か20キロ程でエンジンがプスプス。
完全なるガス欠でタンクは正に空ケツ状態。
国道走行中とはいえ田舎の集落あたりじゃガススタなんてありっこなし。
たまたま通りかかったお巡りさんに一番近いガススタを聞いたなら、4・5キロ先の国道沿いまで無いとのこと。
まさかこんなところでオートバイを押して歩くとは。
結局押すこと2時間!!
4キロの道のりを完走しタンクを満タン。
無事に帰りつくことができましたが、基本中の基本リザーブなったらすぐ入れろを再認識させられました。
また、TXのリザーブは意外と少ない設定であることも分かりました。
トータル290キロで19リッター消費。
リッター15キロちょいの結果でしたが、気持ちよくブン回したのでこんなもんかなといったところです。
e0026380_226967.jpg
e0026380_22604.jpg
e0026380_2212158.jpg
エンジン掛からなきゃ鉄の塊。約500メートルに及ぶ上り坂で休憩中、サーモスに入れた麦茶が命の水となりました。
e0026380_2264783.jpg

by otokichi2005 | 2013-09-08 22:02 | TX650 | Comments(2)
TX活用法
まずは隣り街の床屋までの足で使います。
以前はCT110の役目でしたが、場所を取らないMOTOとなるとTXの出番です。
そして、10キロほど離れたホームセンターまでペットシーツの買い出しに使います。
積載能力は劣りますが、行き帰りの快楽を提供してくれます。
あと少しでクソ暑い夏が終わります。
GLでロングなディスタンスは勿論ですが、TXのバーチカルなサウンド撒き散らし、里山を踏み荒らしてみたい気分になってきました。
e0026380_20582469.jpg
e0026380_2059381.jpg

by otokichi2005 | 2013-09-04 20:58 | TX650 | Comments(0)
細切れ夏休みレポート
孫連れて九十九里の海へ。
風が強いので砂だらけ。
この夏は、もう一回来ておきます。
そして近くにできたアウトレットモールへ。
まるで遊園地のような賑やかさです。
有名なポプコーンと、皿1枚買って終わり。
締めくくりは、しばらく動かしていなかったTX650のエンジン唸らせて自己満足の境地に浸ります。
e0026380_20552992.jpg
e0026380_20552573.jpg
e0026380_20554691.jpg
e0026380_20554117.jpg
e0026380_2056225.jpg
e0026380_20555794.jpg
e0026380_20561767.jpg
e0026380_20561211.jpg
e0026380_20563261.jpg

by otokichi2005 | 2013-08-18 20:52 | TX650 | Comments(0)
帰ってきたTX
その存在すら忘れかけていたTX650。
友人、いやオートバイ屋さんから直った連絡が入りました。
ほぼ二月ぶりに再会する40年物の骨董品?は、絶妙なポンコツ度合を醸し出しています。
この二ヶ月、彼の業務を著しく妨害したポンコツを返すことができて、誰よりも友人が喜んでいるようです。
今回の修理では、インシュレーターやチョークレバーからの二次空気漏れ等パーツ交換以外の面倒くさい技術的な作業をお願いしたのですが、なんとか走れる状態にまで仕上げてくれました。
さて、基本的にはできるだけパーツ交換を抑えての修理をお願いしたので、経年劣化等からどうしようもない部分があり完璧な状態とまではいきません。
しかし、動けばヨシというアバウトな性格ですから大して不満はありません。
ブン回してしまえば、見事な360度バーチカルツインサウンドを巻き散らして加速しますから十分楽しめます。
サスは、リジットよりはマシでしょうけど、およそ今時のオートバイレベルではありません。
しかし、GLの正に半分という軽い車重が功を奏して、意外と乱暴に振り回せたりします。
預けている間、すぐにでも売り飛ばしてしまおうと考えていたのですが、もう少し付き合ってみようと思います。
e0026380_23342847.jpg
e0026380_23355254.jpg
e0026380_21115469.jpg
e0026380_2182876.jpg
e0026380_2185135.jpg

by otokichi2005 | 2013-07-18 16:37 | TX650 | Comments(2)
名古屋は面白かったがや
世界は山ちゃんだけではありません。
e0026380_21242122.jpg
e0026380_21251390.jpg
e0026380_21244818.jpg
TXは直りません。
e0026380_21254047.jpg
e0026380_21251540.jpg


by otokichi2005 | 2013-06-28 21:25 | TX650 | Comments(0)
房総いい道、抜ける道
YAMAHA TX650 いざ、出撃。
ポンコツ程度に不安があったので、バックにはGLの車載工具を忍ばせておきました。。
e0026380_20303252.jpg
国道297、大多喜セブンは地元ライダー御用達。
息子のセローは終始ブン回して走っていたら調子が良くなりました。
e0026380_20304457.jpg


by otokichi2005 | 2013-03-08 20:31 | TX650 | Comments(0)
等間隔爆発(スクリーマーエンジン?)
アイドルはイマイチですが、回せば十分パワフル。
乗っている時は感じませんが、後から指先がジンジンしてきます。
360度クランクなのに回りたがりエンジンです。

by otokichi2005 | 2013-02-28 23:57 | TX650 | Comments(0)