自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:TX650( 135 )
ファイアー
ヤマハにサカリがついて乗らずにいられない。
先日セローで遊んだ甚兵衛サーキットをTXで爆音一人旧車會w
いつもの堤防で一服つけて帰るかとセルを回すと、早くも空回り症状が出やがった。
コンチクショー、キックで蹴飛ばすしかないかと2・3回蹴飛ばすと、ポーンという音と共に左脚ふくらはぎに爆風が!
なんなんだとエンジンを見てみると・・・
あはっ、すっぽ抜けてる。
金属バンドでしっかりと締め付けてあったはずのソレックスがインシュレータから完全に抜けてる。
幸い車検切れマーニから車載工具を積んでいたので、バンドを緩めて嵌め込む事ができたからよかったけれど、危うくレッカーのお世話になるところだった。
バックファイアですっぽ抜けた原因は、エアクリ側のバンドを閉め忘れて爆風をソレックスが受け止められずに後ろに吹き飛ばされたためで、適当な整備のツケが回ったんでしょ。www.
帰り道は、その分捻りまくって快楽の極み!!!
チョー気持ちいい。
なんも言えねー。
んで、帰ってからマーニの車検取得に向けた気持ちを高めるため、半年ぶりにガレージから引っ張り出して雑巾掛け。
エンジンは定期的に掛けているので、今日も一発始動だ。
e0026380_19245151.jpg

e0026380_19245234.jpg

e0026380_19245351.jpg

e0026380_19245488.jpg

e0026380_22095113.jpeg

e0026380_20500174.jpeg
オマケの画像、ロケットカウルが格好いいなw

by otokichi2005 | 2018-01-19 18:34 | TX650 | Comments(0)
8°c
昼過ぎ、予報では5°cを超えるというから走っちゃった。
650ccだからしょうがないけれど、100キロ出すと4千回転まで上がってしまう。
快適回転数は3千5百回転で、速度は90キロ弱。
すぐに追いつかれてしまうから走る障害物とならないように先に行かせる。
ブチブチした音が聴けないと損した気分。
それにしても、早朝のクソ寒さを経験しているから外気温5度を超えると寒さを感じない。
エンジンが回るようになったのが11月で、あれから二月過ぎて走った距離は約1000キロ。
ヤマハの金管楽器?はいくら聴いても飽きない。

by otokichi2005 | 2018-01-13 19:01 | TX650 | Comments(0)
61
何もしなくても歳はとる。
何かしなくちゃ日記にも残せないから辰巳PAリベンジ。
今日も暖かくはないけれど、先週の凍えるような寒さに比べれば全然。
辰巳は期待通りで、久しく会っていなかった友人にも会えて大正解。
今日のツールは勿論TX。
ここ辰巳で二輪スペースへ堂々と停めるには、製造から20年以内の新しいオートバイだとチト恥ずかしい。
だから44年物のポンコツで参上。
e0026380_13562802.jpg
ガキの頃、神宮外苑周回道路で行われていた観閲式、地響きを轟かせて分列行進する61戦車に興奮したな。
e0026380_13563003.jpg
El doradoを拝めた。
e0026380_13563218.jpg
クルマだったらFの250.275.330に匹敵する位の超絶逸品!
e0026380_08343356.jpeg
絶対にないけれど、もしも乗り換えるなら「S」、叶わぬ夢だけれど750S。

by otokichi2005 | 2018-01-07 13:45 | TX650 | Comments(4)
2017年最後の日
天気予報では降らないって事だった「のに」、雪が!降ったぞ。
2017年に明日はないから、今度こその走り納めで辰巳PA来てみたら、誰〜もいない。
30分くらいの間オートバイが3台来たけど、誰もいないとか何とかブツブツ言いながら早々に立ち去っていく。
あたりめーだろ!
雪が降る大晦日の朝早くからオートバイに乗るバカどこにいる。
ここにいる www.
帰り道の箱崎経由7号線は、霙まじりの氷雨。
クソ寒かったけどエンジン絶好調。
自然なインタークーラーで充填効率が高まり明らかにパワーがある?
ケツをフルサイズのJeepが煽るから、右手を当たるまで捻って逃げを試みたけど敵わなず、アッサリとまくられた。
653cc53馬力じゃ勝負にならず。
往復100キロ走って満腹、いい年が迎えられそうな予感。
e0026380_13273380.jpeg


by otokichi2005 | 2017-12-31 12:46 | TX650 | Comments(2)
360度クランク
今年も残すこと僅か。
音だけで一人悦に入っている。
換装前のエンジンはセルがカラカラ空回り。

by otokichi2005 | 2017-12-28 23:50 | TX650 | Comments(2)
ヤマハ発情機?
前回の発情から4年。
エンジンを載せ替えてから、点火系に関わる電気部品ほとんど交換してやっと動くようになった。
2012年に購入してからは常にエンジン不調に悩まされ続けたのが、ここにきてやっと落ち着いた感じ。
もちろん新車時の感じが分かるわけないけど、多分加速のパワー感からMAXではないのかな。
そうなってくるとTXの面白さは倍増し、暇さえあれば乗りたくなるから何とも不思議。
4年前にそこそこの調子になって夢中になった頃を思い出す。また君に恋してる いままでよりも深く
まだ君を好きになれる 心から
www.
そして今日は、津波対策工事が終了し開通したばかりの九十九里有料道路をぶっ飛ばした。
e0026380_17152046.jpeg
e0026380_17154634.jpeg
e0026380_17160784.jpeg
e0026380_17162425.jpeg

by otokichi2005 | 2017-12-26 16:46 | TX650 | Comments(0)
乗り納めにはまだ早い
一週間乗らないと禁断症状が起き我慢できない。
いつもの公園まで往復15キロくらいでも乗らないよりはマシ。
e0026380_18140216.jpg


by otokichi2005 | 2017-12-24 18:06 | TX650 | Comments(0)
2017走り納め
今年のオートバイ走り納めはTXで。
もちろん踏み荒らしたのは南房総。
館山道君津PAを下りてから、可能な限り信号交差点を通らずに半島南端の千倉まで。
ローカルなチマチマ県道ワインディングは、細いバイアスタイヤにうってつけ。
ワイドラジアルのナタでぶった切るコーナリングとは一味も二味も違う感覚。
この感覚は、一言で言い表すとカミソリで切り落とす感覚で、股下でヒョイっと切り返せるから面白い。
この切れ味は、履いているTT100のラウンド形状が尖っている事だからかな。
快晴の日曜日ということもあってか、最高気温が10度を超えないクソ寒さなのに半島中オートバイだらけ。
いやー面白かった。
e0026380_17325393.jpeg
市原SAは朝からおバカさんがウジャウジャw
e0026380_17370108.jpg
潮風王国の海鮮丼は、美味しいけどチト高い。
e0026380_17351322.jpg
いつものカフェ「岬」は、台風21号?で店先が海に流されちゃった!
e0026380_17410416.jpg
午後3時だというのに影は長ーく伸びていた。

by otokichi2005 | 2017-12-17 17:10 | TX650 | Comments(0)
セローよ、お前もか!
エンジンが掛からない!
二月くらい前に息子の家ではかろうじて掛かったのに。
TXで散々苦労して、ようやく問題解決して走れるようになって、後は乗り回すだけとストレスから解放されたばかりなのに。
「のに」がつくと愚痴になるw
けれども、時間は有り余るほどあるのにやる事がないので、認知機能維持を兼ねて手先を動かすことに。
さてどこから点検していくかと考え、先ずはセオリー通りプラグの点検から。
ポルシェのバッテリーからジャンプして火花の点検すると、青白い綺麗な火花を飛ばしてる。
点火系は問題なさそう。
続いて燃料系の点検を行おうとガソリンコックをOFFってチューブを引っこ抜いたなら、あららららガソリンじゃじゃ漏れ!
携行ボトルで漏れ出すガソリンを受け止めてタンクを外す。
そしてコックをバラしてみたならば、TXの時と同じでゴムレンコンが千切れてた。
早速近所のヤマハディーラーでコック周辺ゴムパーツを注文したけれど、ここで気持ちがヘタれて作業は終了。
次は、キャブを外して全バラ大掃除をしよう。
e0026380_20152789.jpg
ビックリして泣いてるみたい。
e0026380_20152884.jpg

e0026380_20152931.jpg


by otokichi2005 | 2017-12-15 19:54 | TX650 | Comments(0)
ヤマハセロー4JGⅡ型
5年ぶりに戻ってきた。
息子のおもちゃに始まり、甥の大学通学、そして最後は息子がアイスバーンで車を潰してほんのちょっとだけ通勤バイクに。
そして半年以上放置されて戻ってきた。
バッテリーはニュートラルランプがかろうじて点灯するもエンジンは目覚めず。
誰も乗らないから、売り飛ばすつもりで2キロほど離れた息子の家から押してきたけれど、下り坂で半ケツ乗りでコースティングしてみたならば、フニャフニャにソストなサスに感動。
この乗り心地は、はっきり言ってGLも足元に及ばず。
いずれ手放すにせよエンジンかけて乗ってみてから決めても悪くないかな。
e0026380_19175800.jpg


by otokichi2005 | 2017-12-12 19:04 | TX650 | Comments(0)