自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ:TX650( 116 )
キター
先週南房総を300キロくらい走り回り好調だったTX650。
今日も夕方の散歩で印旛沼周遊リンクをゆったりとクルージングしていると・・・
キター!
ブブブ、バラリンバラリン、バスバス。
突然の片肺症状。
多分片側コイルがいかれたんでしょう。
交換した台湾製か、使い込まれた日立製かテスター使えば判明するけど、やはりここは思い切って両方新品純正に交換するしかないみたい。
まともに回っているときの快感を知ってしまうとこのまま放置できないし。
e0026380_18535997.jpg


by otokichi2005 | 2017-09-10 18:38 | TX650 | Comments(0)
やっぱり空冷ツイン

君津🅿️をスタートし、鹿野山を越えて山道ばかりで千倉まで。


300キロ近く走っても、1974年製ポンコツヤマハは好調を保ってくれた。


空冷ツインは面白い。


燃費は、ハーレーのウルトラとソコソコ飛ばして23km/Lと納得の結果。


東京湾を一望、とんがり岬は富津岬。

e0026380_15274600.jpg
ハーレーウルトラ排気量の約3分の1、走りは負けない。

e0026380_19012659.jpg


by otokichi2005 | 2017-09-03 15:17 | TX650 | Comments(0)
お久しぶり〜
3週間ぶりにオートバイに乗りました。
とは言ってもガソリン入れに行っただけ。
走った距離は10キロほどだけど、ほとんど満足しちゃうから困ったもんです。w
日々撫でて眺めて、ただそれだけで満足してきました。
骨董品か、ガレージの肥やしか。
機能維持ではなく、運転技能維持のためにのるだけになってきたのです。
e0026380_21590342.jpg
e0026380_21592436.jpg

by otokichi2005 | 2017-08-30 21:51 | TX650 | Comments(0)
TX650機能維持走行
エンジンを載せ替えてからひさしぶりに100キロ以上の長距離?を走行。
向かった先は、めったに行かない東京都内。
っといっても首都高速を一筆書きで走り回っただけ。
エンジンは終始好調を保ち特に問題なし。
🅿️で休憩後は、箱崎ロータリーを回って湾岸で帰路に着き機能維持走行は終了。
もうちょっと涼しくなったらツーリングに引っ張り出してやろう。
e0026380_18231704.jpg
こうやって真横から見ると、エンジンが前傾してる事がわかるけど、これは前身XSの完全な直立が見る角度によって後ろにそっくり返って見えるとの理由から3度前傾させたそうな。
e0026380_18013966.jpg
帰ってからマーニの整備を少々。
外したK&Nパワーフィルターは、お湯で洗って終わり。w
ちょっと調子を落としていたのは、結局のところプラグを新品に替えたら治ってしまいエアクリは関係なかったみたい。
ちなみに、このパワーフィルターが遮断できるゴミは、目で見て分かるデカい異物レベルで、金網よりはマシというレベル。



by otokichi2005 | 2017-08-06 17:38 | TX650 | Comments(2)
パラレルツイン
ホンダNC750Xに乗りたくなった理由は、車体重量がGL1800の410キロより半分近く軽いから、そしてDCTという楽チン運転ができるから、でもそれだけではないんです。
サウンドのこだわりに応えてくれそうな気がするんです。
ヤマハTX650の360度パラレルツインから叩き出されるサウンドも素敵。
そしてマーニ・アルチューロに積まれたモトグッチ1000Sの90度Vツインサウンドも弾けるサウンドでスポーティー。
だったらGL売り飛ばせば済むだけじゃんとなるところ、マーニに問題あり。
そのスタイルは60年代を彷彿するクラシックスポーツスタイルで、ガレージに置いて眺めていると飽きることがないものの、乗ると結構疲れる。
長〜いタンクにクリップオンハンドルは、走りながら筋トレしてる感じ。
そこで楽してサウンドが楽しめるNC750Xとなるのです。
このエンジンはパラレルツインながら90度Vツインと同じサウンドを聴かせてくれる。
その訳は、270度位相クランクが生み出す不等間隔な爆発。
ただ残念なのは、ノーマルマフラーは勿論のこと後付けマフラーに至っても保安基準適合で静か。
更には、トルク特性だか何だか分からないけど左右のエキパイが連結されて弾けるようなサウンドとは程遠い。
何処かで誰かがこんなサウンド奏でるマフラー作ってくれるなら明日にでも買い換えたい。

っと、今日も一日中妄想。
e0026380_22065329.jpg

by otokichi2005 | 2017-07-27 11:49 | TX650 | Comments(0)
NC750X
DCTミッション、270度位相クランクのパラレルツイン。
欲しい。
GLは5年乗ったけど正直飽きた。
そして何より400キロを超える重量が怖くなって来た。
走っていれば軽快なハンドリングながら、止まる瞬間にどちらかにちょっとでもバランスを崩すとオットット。
タンデムだと殆ど0.5トン‼︎
試乗動画で聴くサウンドは、位相クランクらしく弾けるビートに興奮。
タンデムはしなくなったし、いっちゃうか?
e0026380_17300767.png
e0026380_17283884.jpg
衝動的にツインサウンドが聴きたくて、360度等間隔爆発サウンドに浸る。

by otokichi2005 | 2017-07-23 17:23 | TX650 | Comments(0)
slacker start your engine!
しわがれたお婆ちゃんの声が頭の中に響き渡って目覚めた。
ラッキー今日も晴れてる。
江戸川区までGLを転がし不健康診断に行き、自宅に帰ったらまだ走り足りない。
TXに乗り換え利根川までひとっ走り。
利根川スーパー堤防の国道は、遥か遠くの筑波山まで見通せる。
上空には大利根飛行場を飛び立ったグローブG109が浮かんでる。
中々いいロケーションだ。
甚兵衛辺りのチマチマワインディングがこれまた面白い。
ただTXに問題が残されている事も発見。
走っていると絶好調なのに、信号停止で暫くアイドリングしているといきなり回転が落ちてエンジン停止。
すぐに再始動するからいいけど気になる。
まだまだやるべき事は残っているな。
e0026380_18523972.jpg

by otokichi2005 | 2017-06-20 18:00 | TX650 | Comments(0)
TX650の二次減速比
エコランで90km/hを上限で走っていると、エンジンの回転数は約3,500回転でツインサウンドの気持ちいい走りができるのです。
しかし、法定の上限100km/hまで速度を上げるとちょっと違ってくるんです。
回転数は約4,000回転となり連続したサウンドとなってくるのです。
このオートバイが作られた昭和49年は、法定の上限80km/hでしたから良かったのでしょうが今となっては回り過ぎてしまうのです。
そこでダラダラに伸びたチェーンを交換するついでに、スプロケットをロングな丁数に交換してしまおうかと考えているのです。
ところが、この丁数変更は容易ではないようで、チェーンの引き代範囲も考慮しなくてはならず、おまけにチェーンは偶数で変更となるので悩みどころです。
とりあえず今考えているのが、フロントはノーマルの17丁でリアはスタンダード34丁から31丁に。
これで約9%ロングになり、計算上100km/hで3,600回転くらいに落ちるはずです。
チェーンはスタンダード104リンクから102リンクにすればアクスルが4ミリくらい前に移動するだけのはずで?問題はないのかなと。
e0026380_22504610.jpg
80km/hで点灯する速度警告灯。
今時の人は考えられないだろうな。

by otokichi2005 | 2017-06-19 19:28 | TX650 | Comments(0)
19km/L
天気予報は午後から雨。
もったいないから走っちゃいました。
館山道市原PAまで往復しただけですが、今日は燃費気にせず開け放題の捻りまくり。
と言っても所詮は650ccのツイン、ぶん回したところでタカが知れています。
タコメーターの針が毎秒100回転を超えると、ツインサウンドからガトリング砲のような音に変化していきます。
その昔乗っていた180度クランクGR650だと弾けるフィーリングでしたが、TXの360度クランクは力があるけどバイブレーションが強くなります。
とりあえず100・phまでの加速は気持ち今まで以上かな?
帰りの館山道は雨に追いつかれ、車体の下回りを洗車する羽目となりましたが、日頃洗車などしないので良かったかもと。
往復125キロ走って燃やしたガソリンは6.5L。
4千回転から6千回転以上までぶん回した割にはソコソコ燃費となりました。
遅いから面白い‼︎
e0026380_18220931.jpg
e0026380_18222116.jpg


by otokichi2005 | 2017-06-18 17:53 | TX650 | Comments(0)
25km/L
梅雨入りしたけど雨は降らない。
コイル交換後のテスト走行実施。
ついでにエコランにも挑戦し、スピードMAXは90km/h。
平日いつもの高速道路は、当然ガラ空きなので好きなペースで走れるのです。
エンジンは終始好調なサウンドを奏で、久し振りにYAMAHAのパーカッションを実感。
ブリブリしたサウンドは、あえて言うならティンパニーの連打(恋のフーガwww.)
150キロ弱走って燃費は25km/Lでまずまずの結果を記録。
ダラダラに伸びたチェーンを交換しなければならないので、ついでに前後スプロケットをロングな設定にしようか考え中。
ところで、5・60キロほどで使い物にならなくなったIGコイルは、販売店に聞いたら保証期間経過でダメだってさ。
そして、近所のヤマハショップで調べたら純正部品が出る事を知ったのです。
価格は1.5倍位するのですが、不良品リスクを考えたら間違いなし。
e0026380_18554704.jpg
e0026380_18560023.jpg





by otokichi2005 | 2017-06-15 18:21 | TX650 | Comments(4)