2017年 06月 19日 ( 1 )
TX650の二次減速比
エコランで90km/hを上限で走っていると、エンジンの回転数は約3,500回転でツインサウンドの気持ちいい走りができるのです。
しかし、法定の上限100km/hまで速度を上げるとちょっと違ってくるんです。
回転数は約4,000回転となり連続したサウンドとなってくるのです。
このオートバイが作られた昭和49年は、法定の上限80km/hでしたから良かったのでしょうが今となっては回り過ぎてしまうのです。
そこでダラダラに伸びたチェーンを交換するついでに、スプロケットをロングな丁数に交換してしまおうかと考えているのです。
ところが、この丁数変更は容易ではないようで、チェーンの引き代範囲も考慮しなくてはならず、おまけにチェーンは偶数で変更となるので悩みどころです。
とりあえず今考えているのが、フロントはノーマルの17丁でリアはスタンダード34丁から31丁に。
これで約9%ロングになり、計算上100km/hで3,600回転くらいに落ちるはずです。
チェーンはスタンダード104リンクから102リンクにすればアクスルが4ミリくらい前に移動するだけのはずで?問題はないのかなと。
e0026380_22504610.jpg
80km/hで点灯する速度警告灯。
今時の人は考えられないだろうな。

by otokichi2005 | 2017-06-19 19:28 | TX650 | Comments(0)