2017年 06月 05日 ( 1 )
ウェイクのインプレッション
一言で言ってしまえば、とても良くできた車。
これはターボを選択したことによるものが大きいのですが、基本的にはパッケージに拘り車両重量1トンを軽快に走らせるため、ターボとなったのです。
事前にターボとNAの燃費差について調査したところ、1割がたターボが悪いようでしたが、ターボを選択したオーナーは選択に間違いがなかったとのことで迷わずターボにしたのです。
実際ディーラーでNAモデルを試乗した時は、加速がかなりかったるいなと感じたので大正解でした。
最大トルク9.4キロは3千4百回転で発生するので、街乗りでは殆ど2千回転位しか使うことなく、高速で100キロ3千回転ですが、低回転からターボが効きエンジンをぶん回さずとも余裕の走りがかのうでいいのです。
因みに、ポルシェでも100キロ巡行は2千5百回転位ですから5分の1以下の排気量だからすごいことです。
今回のツーリング?では山登りをしたので当然山下りもしなければならなかったので、Dレンジの下にあるSレンジと更にBレンジを使うこととなったのですが、無段階CVTにとってはありがたい機能で、十分なエンジンブレーキが効くものです。
今回のツーリング総走行距離560キロの燃費はリッター18キロで、いいといえばいいのですが、高速のスピードマックス90キロを考慮するとビックリするものではありませんでした。
これはウェイクのボディースタイルによるもので、まるで衝立のような立方体が空気の壁を押し分けて進むので期待した数値を出せないのです。
多分同じペースでミニを走らせると、少し悪いくらいの結果を出せるのではと思われるのですが、高速に乗らなければエアコン付けっ放しでも20キロ位の数値は期待できるので使い方次第ということでしょう。
さて、次もウェイクでロングなツーリングをするかというと微妙なところで、目的地までの経済性を考えれば当然ウェイクなのですが、やはりストレスが溜まります。
その気になれば100キロ巡行は楽勝なのですが、軽自動車なのだからそれなりの燃費を出さなければと思うと左端の車線をトラックのケツに追從しなければならずひたすら辛抱我慢なのです。
取締りを受ける心配は無いのですが、カレラでハイリスクハイリターンな走りの方が面白いかな。
e0026380_21060110.jpg
草津からの帰り道は県道55号線を走って暮坂峠越え。
e0026380_21062896.jpg
草津のホテルで買ったお土産は、今や群馬名物?イニシャルDクッキーw
e0026380_21064525.jpg



by otokichi2005 | 2017-06-05 19:28 | ウェイク | Comments(0)