自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ありゃりゃ
前回150キロほど試運転をして、途中50キロくらいはエンジン不調に陥り、その後何故か走っているうちに復活し、30年の眠りから覚めた奇跡のエンジンだなんて喜んでいたら、結局またエンジンがぐずり出して工場入りとなりました。
やはりキャブのどこかに何かが詰まっているようで、キャブOH合わせてブローパイプは大気開放の一型に戻すことにしました。
因みに、このエンジンですが、出てきた車検証のコピーによると昭和51年登録で53年に車検切れてから更新は無し!。
それからは農家の納屋に放置されていたもので、39年ぶり!に火が入ったことになります。
とりあえず動くことだけは分かり、しかも調子良ければ今まで抱えていたエンジンとは比較にならないくらいヘタリのない事も確認できたので、不調に陥った原因を突き止めてもらいます。
e0026380_18013233.jpg




by otokichi2005 | 2017-02-25 17:41 | TX650 | Comments(0)
<< 君津の山道 キャリパーのメンテナンス >>