自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
空冷
PCで検索したCBのシリンダーフィンに心が動き、あらためてTXの薄汚れたシリンダーを眺め、右足に力を込めて一蹴り。
いまひとつ左側シリンダーの爆発音が弱いのですが、2千回転も回せばバーチカルなサウンドに違いを感じさせないので、気にしないようにしています。
近所を一回りして自宅に戻り、左右の燃料コックを捻りキーをOFF。
サイドで止めたTXの回りをグルグル回って、空冷の一人観賞会を行います。
15年乗ったBMWのOHVボクサーは、丸っこいシリンダーが航空機用エンジンのシリンダーと似た雰囲気があって魅力的でした。
けれども、TXの下から上に向かってボリュームを増し、角ばったシリンダーとヘッドのフィンは、更に力強さを感じます。
その力強さを強調するのがタペットとカムシャフトカバーで、まるで力こぶのような造形です。
ボア・ストローク75㎜×75㎜は、やはりヤマハが作ったTOYOTA2000GTと同じ。
楽器屋さんが作った「走る金管楽器」は、見た目も芸術です。
e0026380_2225252.jpg
エンジンの眺めは右側がいいようです。
e0026380_2234522.jpg
左から眺めるフロントホイールは、ハブからリムを繋ぎとめるスポークが軽快感を強調してグッドルッキン。
e0026380_2231936.jpg

by otokichi2005 | 2013-10-17 17:49 | TX650 | Comments(0)
<< KISS・KISS・KISS 見てはいけないものを見てしまっ... >>