自分大好き60歳
by otokichi2005
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
TXいまだ始動せず
夏の終わりには車検を取れればと考えていたTX650。
GSの処分に手間取り鉄の塊のままです。
そのGSですが、どうにか商談がまとまりさよならカウントダウン状態になりました。
思えば平成9年から15年に渡って二台のGSを乗りつぎ、これでOHVフラットとお別れかと思うと感慨深いものがあります。
そんなGSへ未練を残さないように、近所の農道で最後のムチを入れてあげました。
OHV2バルブのへなちょこエンジンのくせして、スロットルを絞るように捻ってブン回してあげれば、それこそ歓喜の声を上げてレッドゾーンに飛び込もうとする変態フラット。
GLがきてからほとんど肥し状態だったのに、もう乗れなくなるかと思うと乗るほど未練が湧きあがってきます。
そんな話をヨメサンにしたら、
バーカ、別れ話ししにいった愛人に、未練が湧いて一発やったあげく別れられないって言ってるようなもんだ「早く売ってしまえ!」。
と、一喝されておしまい。
あぁ、GSよ次のオーナーの下で愛されるんだよ。
e0026380_19474218.jpg
e0026380_19473624.jpg
気持ちを立て直し、そのTXを少しばかりいじってみました。
エンジンをかけてverticalなサウンドを確認。
後はタペットカバーやホイールをピカール付けてちょっとだけ磨いてみました。
オォッ、無垢のアルミが妖しげに輝くではないですか。
とりあえず、車検取ってからが楽しみです。
別れる女を忘れるには、新しい女に乗ってしまうのが一番。www
男は単純な動物なのです。
e0026380_1948152.jpg

by otokichi2005 | 2012-09-21 20:37 | TX650 | Comments(2)
Commented by 空豆カ~イト at 2012-09-22 22:55 x
その変態へなちょこ肥やしのGSが、未だにどういう訳か今や絶滅寸前のビッグオフ変態オヤヂどもがビッグオフバイクを語る際のベンチマークになってるのがマジ凄いことです。
タンクにペットボトルくらい普通に入る蓋があるとかも凄い。

でも所詮、乗り物。
いわゆる整形まがい物なしの年増のオリジナルドイツの金髪ボインちゃんに手切れ金渡し、「昔~の名前で~出て~い~ま~す~♪♪」的な場末のスナックで見つけた妙に気の会う地味なおねいさんTXにはまってしまったって事ですね。
それ、も凄ーーーーーーーーー理解できます「(爆)
Commented by otokichi2005 at 2012-09-25 20:03
GS伝説は、とあるバイクジャーナリストが作り上げた偶像でもあります。
私も先代のGSでは、関東各地の林道を息子のTTRと駆け回りましたが、先行するTTRがGSを待つという図式がお決まりで、所詮は重たいデュアルパーパスで林道を走破出来た達成感を味わうだけの自己満足でありました。

さてTXは正にその通りでして、場末のスナックのババァに酔った勢いで劣情してしまいました。www
<< 火入れ Hが大好き >>